グリクシスコントロールがmo5-0! (2018年12月25日)

ちょっと珍しいデッキが勝っていたので紹介します。回収ループでアド稼ぎ!

デッキリストはhttps://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/competitive-modern-constructed-league-2018-12-25より

プレイヤー:PIJIU4U デッキ:グリクシスコントロール

クリーチャー(7)
4 瞬唱の魔導士/Snapcaster Mage
2 黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang
1 若き紅蓮術士/Young Pyromancer

インスタント(26)
1 対抗突風/Countersquall
4 謎めいた命令/Cryptic Command
2 致命的な一押し/Fatal Push
1 ヒエログリフの輝き/Hieroglyphic Illumination
4 コラガンの命令/Kolaghan’s Command
4 稲妻/Lightning Bolt
2 論理の結び目/Logic Knot
1 マナ漏出/Mana Leak
1 呪文嵌め/Spell Snare
2 終止/Terminate
4 思考掃き/Thought Scour

アーティファクト(1)
1 仕組まれた爆薬/Engineered Explosives

エンチャント(2)
2 アズカンタの探索/Search for Azcanta

土地(24)
1 血の墓所/Blood Crypt
2 忍び寄るタール抗Creeping Tar Pit
4 廃墟の地/Field of Ruin
3 島/Island
1 山/Mountain
4 汚染された三角州/Polluted Delta
4 沸騰する小湖/Scalding Tarn
2 蒸気孔/Steam Vents
1 沼/Swamp
2 湿った墓/Watery Grave
60 Cards

サイドボード(15)
1 若き紅蓮術士/Young Pyromancer
1 削剥/Abrade
2 神々の憤怒/Anger of the Gods
2 儀礼的拒否/Ceremonious Rejection
3 集団的蛮行/Collective Brutality
1 払拭/Dispel
3 外科的摘出/Surgical Extraction
2 思考囲い/Thoughtseize

2018年12月現在、モダンのコントロールと言えば青白系。しかし青黒赤のグリクシスカラーも古くからコントロールデッキが組まれてきた色。

グリクシスだからこそのコンビネーションと言えばコラガンの命令+瞬唱の魔導士

どちらも墓地から相手を再利用できるため、交互に使うことで非常に粘り強い動きが可能。瞬唱の魔導士でブロックして相打ち、コラガンの命令で瞬唱を回収、回収した瞬唱からコラガンの命令フラッシュバック……相手にすると苦労しそう。もちろん、それぞれ単体でもアドバンテージが稼げる優秀なスペル。

また1マナドローは青白系なら血清の幻視が基本だけど、青黒系は思考掃きが一般的。

1枚で墓地を3枚肥やせるのは論理の結び目&アズカンタの探索&黄金牙、タシグルのサポートになりますし、墓地にカードを落とせばコラガンの命令・瞬唱の魔導士の選択肢を増やせる。インスタントなので自由なタイミングで使えるのも優秀。墓地利用の多い黒にとっては最高の1マナドローですね。

似たような戦略でも色が違うと使用感が大きく変わってくる、これもMTGの魅力。

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント