未練ある魂 ~便利すぎ・対処しにくすぎ~

Lingering Souls / 未練ある魂 (2)(白)
ソーサリー
飛行を持つ白の1/1のスピリット(Spirit)・クリーチャー・トークンを2体生成する。
フラッシュバック(1)(黒)(あなたはあなたの墓地にあるこのカードを、そのフラッシュバック・コストで唱えてもよい。その後それを追放する。)

採用デッキ:白黒デッキのほとんど。アブザン、マルドゥパイロマンサーなど。

一見すると地味に思うかもしれないが、実際に使ってみるとクソ強いカード

①トークンが飛行を持っている

1/1とは言え飛行トークンの戦闘力はあなどれない。アタッカーとしては止まりにくく、ブロッカーとしてはかなり安定して相手を止められる。

②カード1枚で4つもトークンを出せる

1枚でトークンを4つも出せるものは少ないし、しかも飛行を持っているとなると激レア。単体除去で止まらない飛行4点クロックは人を殺せる攻撃力だし、ブロッカーとしても最大4ターンも時間を稼げる。5マナで飛行トークン4体、これだけですでに強い。

③3マナのカードとして使える

これが5マナのカードであれば、いかに攻守に強くてもモダンでは採用圏外。モダンで5ターン目は必殺のタイミングだし、そもそも5マナまで伸びる前提じゃない低マナ域デッキが中心。しかし、未練ある魂は3マナあれば使える。これなら気軽に採用可能。

④墓地から分割して唱えられる

このカード最大の強みにしてウザいポイント。墓地から2マナでフラッシュバックできる。まず、手札破壊・カウンターに強い。潰そうとしてもめっちゃアド損。次に、墓地に捨てておいても使える。ヴェールのリリアナ・信仰無き物あさりとかで雑に捨ててもOK。さらに2度に分けてトークンを出せるので全体除去にも強い。飛行トーン2体に殴られ続ける→しょうがなしに全体除去→返しに「じゃあ墓地からフラッシュバックで2体出しますね(*^-^*)」の流れはマジつらたん。死ぬ。プレイヤーがスピリットの仲間入り。

墓地対策を置かれていても大祖始の遺産などの起動型カードならキャストした後に優先権を手放さずフラッシュバックで結局4体出せるのも鬼。対策になってねぇ! 安らかな眠りなどの常在型だとさすがにフラッシュバックできないが、それでも3マナで1/1飛行トークンが2体出すスペルであり腐るというほどじゃない。

これらの点が噛み合ってかなりの強カードと化している。相手にすると対処しにくすぎ……! 完全に無力化する手段が非常に少ない。

環境上位のデッキであるアブザン・マルドゥパイロマンサーの4積みメインウェポンとして、今日もアドを取りつつ空を支配中。使用率&カードパワーの面からモダンにおける空の王者はこいつでは?

MOではjust for fanなどのカジュアル対戦でもたびたび遭遇。そしてかなりの確率で殴り殺される。大ぶりなクリーチャーを使ってるとブロッカーとしてもアタッカーとしても本当に辛い。並みのドラゴンなどよりもはるかに厄介な相手。微妙な理不尽感が印象に残る。

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント