舞台照らし4枚! 赤黒バーンがmo5-0! (2019年1月22日)

新カードが活躍しているので紹介します。さらに攻撃的!

デッキリストはhttps://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/competitive-modern-constructed-league-2019-01-22より

プレイヤー:FADVISOR82 デッキ:赤黒バーン

クリーチャー(14)
4 大歓楽の幻霊/Eidolon of the Great Revel
4 ゴブリンの先達/Goblin Guide
2 渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer
4 僧院の速槍/Monastery Swiftspear

ソーサリー(20)
4 夜の衝突/Bump in the Night
4 溶岩の撃ち込み/Lava Spike
4 舞台照らし/Light Up the Stage
4 裂け目の稲妻/Rift Bolt
4 批判家刺殺/Skewer the Critics

インスタント(6)
4 稲妻/Lightning Bolt
2 焼尽の猛火/Searing Blaze

土地(20)
4 黒割れの崖/Blackcleave Cliffs
2 血の墓所/Blood Crypt
4 血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire
4 山/Mountain
2 ラムナプの遺跡/Ramunap Ruins
4 樹木茂る山麓/Wooded Foothills
60 Cards

サイドボード(15)
2 焼尽の猛火/Searing Blaze
4 集団的蛮行/Collective Brutality
2 極上の炎技/Exquisite Firecraft
2 致命的な一押し/Fatal Push
2 灼熱の血/Searing Blood
3 粉々/Smash to Smithereens

ラヴニカの献身から登場した新カード、批判家刺殺舞台照らしを4枚づつ採用。大きく強化されています。

今までバーンは赤白がベース。これは白の優秀サイドに加えて、ボロスの魔除け&稲妻のらせんという赤白の強力カードがあったから。

しかし、赤単色で使える実質1マナのカードが2種8枚も追加されたなら白を使う必要性は薄れたかも知れません。

バーン的に黒を使う理由はなんと言っても夜の衝突。1マナ3点は強力です。

また舞台照らしによって引き込めるカード数が増えているので、以前よりも土地が伸びやすく6マナのフラッシュバックも現実的になった?

加えて本リストでは土地としてラムナプの遺跡も採用されていて、マナフラッドでも戦いやすくしている印象。

回転率が上がるだけでなく長期戦にも強くなる。舞台照らしの影響は大きいようです。

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント