遁走する蒸気族!? 赤単ストームがMODERN CHALLENGE入賞! (2018年10月7日)

新しいデッキが登場していたので紹介します。呪文連打で手札を高速回転!

デッキリストはhttps://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/modern-challenge-2018-10-07より

プレイヤー:AIGIS デッキ:赤単ストーム

クリーチャー(8)
4 遁走する蒸気族/Runaway Steam-Kin
4 猿人の指導霊/Simian Spirit Guide

ソーサリー(21)
4 安堵の再会/Cathartic Reunion
1 巣穴からの総出/Empty the Warrens
2 ぶどう弾/Grapeshot
2 炎の中の過去/Past in Flames
4 魂の再鍛/Reforge the Soul
4 苦しめる声/Tormenting Voice
4 野生の勘/Wild Guess

インスタント(12)
4 捨て身の儀式/Desperate Ritual
4 魔力変/Manamorphose
4 発熱の儀式/Pyretic Ritual

エンチャント(4)
4 紅蓮術士の昇天/Pyromancer Ascension

土地(15)
15 山/Mountain
60 Cards

サイドボード(15)
3 巣穴からの総出/Empty the Warrens
4 血染めの月/Blood Moon
4 稲妻/Lightning Bolt
4 月の大魔導士/Magus of the Moon

ラヴニカのギルドから登場した新カードは大きな可能性を秘めていたようです。

Runaway Steam-Kin / 遁走する蒸気族 (1)(赤)
クリーチャー — エレメンタル(Elemental)
あなたが赤の呪文を唱えるたび、遁走する蒸気族の上に+1/+1カウンターが3個未満であった場合、遁走する蒸気族の上に+1/+1カウンターを1個置く。
遁走する蒸気族の上から+1/+1カウンターを3個取り除く:(赤)(赤)(赤)を加える。

1/1

赤いスペルを3つ唱えると(赤)(赤)(赤)が手に入る、タップも必要ないので同じターンに何度も起動可能。捨て身の儀式・魔力変・発熱の儀式を使えばすごい勢いでマナが増えていく! となれば呪文連打したくなるもの。そしてスペルを撃ちまくるならフィニッシャーは巣穴からの総出・ぶどう弾を使うのが便利。

カウンターが乗るのは「赤い呪文」だけなので、通常のストームとは違い青のドロースペルは採用できません。その代わりに赤のルーティング呪文でパーツを探す戦略。

安堵の再会・苦しめる声・野生の勘で、遁走する蒸気族にカウンターを乗せつつ手札を整えつつ墓地肥やし。さらなる手札交換、ドロー用に魂の再鍛まで採用されています。相手にも引かせてしまいますがコンボデッキである自分のほうがメリットが大きいでしょう。

ルーティングしつつ墓地にカードを貯めて、紅蓮術士の昇天を条件達成できれば勝利は目前。ルーティング呪文は1回の追加コストで2回分引けるので手札が増えまくるし、マナも増えまくります。

ただし、ルール的に唱えた時に誘発するストーム能力まではコピーされないはずなので、ぶどう弾で1撃必殺したいならストームカウントをしっかり貯める必要が。差し戻しによる2連打もできないので、ここに関しては青赤ストームに優位性がありそう。

遁走する蒸気族が2体以上並べばマナ加速がとんでもないことになりますし、回りだしたらとても楽しそうなデッキです。

そしてサイドボードも要注目。赤単デッキと言えば血染めの月。直球の8枚体制! 赤単ストンピィ戦略にきりかえたときは遁走する蒸気族のカウンターを取り除かずに4/4として運用することも多いのでは。

この構成なら、2ターン目に出したら3ターン目には4/4で殴れそう。蓄積カウンターなどじゃなく+1/+1カウンターなのが強い。クリチャーとしての殴り性能は青赤ストームにおけるゴブリンの電術師&遵法長、バラルより圧倒的に上です。

遁走する蒸気族の性能をフルに引き出した構成。このまま遁走する蒸気族&赤単ストームはモダンでも活躍していくのか。期待が高まります!

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント