生物多めのグリクシスコントロールがmo5-0! (2018年12月4日)

ちょっと珍しいデッキが勝っていたので紹介します。墓地利用で差別化!

デッキリストはhttps://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/competitive-modern-constructed-league-2018-12-04より

プレイヤー:GODS_SHADOW デッキ:グリクシスコントロール

プレインズウォーカー(2)
1 ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil
1 最後の希望、リリアナ/Liliana, the Last Hope

クリーチャー(11)
3 ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy
1 破滅の龍、ニコル・ボーラス/Nicol Bolas, the Ravager
3 敏捷な妨害術師/Nimble Obstructionist
3 瞬唱の魔導士/Snapcaster Mage
1 黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang

ソーサリー(10)
2 コジレックの審問/Inquisition of Kozilek
2 隆盛+下落/Rise+Fall
4 血清の幻視/Serum Visions
2 思考囲い/Thoughtseize

インスタント(15)
4 謎めいた命令/Cryptic Command
3 コラガンの命令/Kolaghan’s Command
4 稲妻/Lightning Bolt
2 論理の結び目/Logic Knot
2 終止/Terminate

土地(22)
1 血の墓所/Blood Crypt
2 血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire
2 忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit
1 廃墟の地/Field of Ruin
3 島/Island
1 山/Mountain
4 汚染された三角州/Polluted Delta
2 沸騰する小湖/Scalding Tarn
2 蒸気孔/Steam Vents
2 沼/Swamp
1 さまよう噴気孔/Wandering Fumarole
1 湿った墓/Watery Grave
60 Cards

サイドボード(15)
2 集団的蛮行/Collective Brutality
1 弱者の消耗/Consume the Meek
2 対抗突風/Countersquall
1 払拭/Dispel
2 大爆発の魔導士/Fulminator Mage
2 イゼットの静電術士/Izzet Staticaster
2 ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet
2 虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb
1 外科的摘出/Surgical Extraction

黒赤青のグリクシスカラー、最近では死の影デッキの色という印象。しかしドローと除去が強く古くからコントロールデッキとしても使われています。

ヴリンの神童、ジェイスは青白系では見かけないカード。スペルの再利用がソーサリータイミングに限定されるので、青のカウンターより黒のハンデスと噛み合います。

他のクリーチャーだと敏捷な妨害術師も珍しい印象。誘発能力に対するカウンターとしても機能して、クリーチャーなので墓地から回収しやすく柔軟に利用可能。

スペルを見ると隆盛+下落は黒赤青だからこそのカード。2つの効果を使い分けることでどんなデッキにも堅実な効果を発揮。

そしてコラガンの命令も黒の優良インスタントですね。アドバンテージを取りやすくメインからアーティファクトを取れるのはお守りとして非常に便利。

本リストはモダンの定番である青白コントロールと比べると、ややクリーチャー多めでそれを回収する形で墓地利用も多め。その分だけ墓地対策に弱くなってるのは一長一短ですが、やはりこれが黒の強みと言えます。

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント