「緑単エルフ」 ~管理人の安価デッキ紹介~

カジュアル勢である私「イマ猫」が使っているデッキを紹介する不定期シリーズ。2回目は「緑単エルフ

クリーチャー(44)
4 エルフの神秘家/Elvish Mystic
4 ラノワールのエルフ/Llanowar Elves
2 東屋のエルフ/Arbor Elf
4 遺産のドルイド/Heritage Druid
4 イラクサの歩哨/Nettle Sentinel
4 エルフの幻想家/Elvish Visionary
4 ドゥイネンの精鋭/Dwynen’s Elite
4 森のレインジャー/Sylvan Ranger
4 エルフの部族呼び/Elvish Clancaller
4 エルフの大ドルイド/Elvish Archdruid
4 エルフのチャンピオン/Elvish Champion
2 森の伝書使/Sylvan Messenger

土地(16)
16 森/forest

サイド(15)
4 再利用の賢者/Reclamation Sage
1 虚無魔道士の番人/Nullmage Shepherd
3 リス・アラナの弓使い/Lys Alana Bowmaster
1 散弾の射手/Scattershot Archer
4 レンの地の克服者/Wren’s Run Vanquisher
2 森の伝書使/Sylvan Messenger

通常の緑白エルフなどから高いカードを全部排除して、安いカードで代替えした単色貧乏版エルフ。集合した中隊も魂の洞窟も無い。それでも戦い方は同じ。

1マナクリーチャー10枚
遺産のドルイド+イラクサの歩哨orドゥイネンの精鋭による遺産エンジン
これでマナ加速してエルフの部族呼び・エルフの大ドルイド・エルフのチャンピオンのロード3種12枚を連打して撲殺する。

緑単かつ貧乏構築でもブン回れば最速3ターンキル、妨害が無ければ4ターンキル安定とアグロとして十分な速さがあるのが強み。

もちろん相手から妨害も飛んでくるが、単体除去だけの場合は5・6ターンまでひたすらフルパンすることで削り切れることも。

エルフのチャンピオンはモダンだと少し珍しいカードだけど、森渡り付与が強力でこいつのおかげで勝てる試合もけっこう多い。

森の伝書使はアド源。けっこうな確率で4枚ともフルヒットするのですごく楽しい。ただし、4マナと重いのが少し使いにくく4ターン目までにひき殺すブン回りには貢献しないカードなので、交換の余地はある。

サイドはメインよりさらに貧乏妥協レシピ。再利用の賢者&虚無魔道士の番人がアーティファクト破壊、リス・アラナの弓使い&散弾の射手がアンチ飛行。エルフは対飛行カードが多い部族なのでやろうと思えばさらに対空を厚くすることも可能。今の段階でも上手くカードが引ければ青白スピリット系デッキともそこそこ戦える。

レンの地の克服者&森の伝書使は対コントロール。青白・ジェスカイコントロールなどは妨害しまくってくるので4ターンキルは基本的に無理。そこで相手の全除去を誘ってから返しに、森の伝書使または1マナクリチャーからのレンの地の克服者を狙っていく。

レンの地の克服者は

・稲妻、神々の憤怒で死なないタフ5
・天界の列柱を乗り越えられるパワー5+接死トークン
・覇権によって全除去を食らっても1匹だけは残せる

このように意外と青白系コントロールに効くカード(の気がしている)。

サイドの基準は相手に森が入ってなければエルフのチャンピオンを4枚抜いて対策カードをイン。森が入ってる相手で対策カードが必要ならエルフの大ドルイドもしくはエルフの部族呼びを4枚アウトして入れ替え……? この基準は未だによく分かっていない。メインの完成度が高いので下手に入れ替えない方が勝てるパターンも多いのは注意点。ロード抜くとブン回りが減る。

このデッキを5段階で評価すると

安さ 4
強さ 3
楽しさ4
拡張性3

このデッキの魅力は値段と強さのバランス。安い割にはそこそこ強い。高いカードを妥協してあるおかげで、moだと15チケット(2000円)ぐらいで組めるはず。紙だと5000円ぐらい?

楽しさの面は、エルフだからこその高速展開ができて良い感じ。遺産エンジンの加速力よ。moだと相手から「展開力すげぇな(意訳)」みたいなチャットが飛んできたことも複数回あり。

強さとしてはカジュアル同士なら割と勝ち越せるが、環境上位のデッキには基本勝てない。貧乏妥協デッキなのであきらめましょう。

ただしBG系にだけは5分もしくはやや有利。

・エルフのチャンピオンによる森渡りが刺さる
・単体除去とハンデスしか妨害が無く高速横展開したエルフを止めきれない
こちらのデッキには土地とクリーチャーしか入ってないのでタルモの育ちが少し遅いことが多い

この3点でジャンドなどにもけっこう勝ててしまう。サイド後は神々の憤怒を引かれてしまうと負けるけど。

すべてのデッキに対する総合的な強さは、moの基準で行くと

just for funなら10試合やって7:3ぐらいで勝ち越し安定
Tounament Practiceなら逆に3:7ぐらいで負け越し安定
構築リーグは出る資格なし

改造案としては高いカードを入れていけば一般的な緑白・緑黒エルフにできるわけだけど……2018年11月現在では妥協なしのエルフでも環境的にそこまで強くないのでコストパフォーマンスは悪い気がする。

緑単のままでも

メイン
16 森

4 エルフの幻想家
2 森の伝書使

サイド
4 レンの地の克服者

メイン
11 森
4 魂の洞窟
1 ペンテルヘイブン

2 エルフの幻想家
4 集合した中隊

サイド
4 漁る軟泥

ぐらいにすれば大きく強化されそう……しかし、いきなり値段が跳ね上がるのが問題。たぶん1番優先度高いのは集合した中隊。

というわけで「緑単エルフ」の紹介でした。moならコスパ良いと思うので割とおすすめ度が高いです。

*読者さまからコメントいただいたので追記

暴走の先導:森の伝書使と入れ替えで試したら素直に強かったです。やっぱ1マナ軽いとキャストしやすい。サイドのエルフ縛りが無くなるので、暴走の先導が良さそうではある。

鉄葉のチャンピオン最速ブン回り3ターンキルに貢献しないカードなので優先度はかなり低め。3マナはできるだけロードにしたい。ただし単体で神々の憤怒に耐えられるからサイド後まで考えるなら強いかも。入れ替えるならエルフのチャンピオン?

 

*youtubeに実況プレイを投稿してます。記事にしたデッキで遊んでいるので、興味のある方はご覧ください。

YouTube

みんなの感想

  1. 匿名 より:

    更新お疲れ様です。
    暴走の先導、おすすめですよ〜

  2. 匿名 より:

    鉄葉のチャンピオンは入らないですかね?
    展開を助けてくれるカードではないので旨味は薄そうですが・・・

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント