深淵の迫害者! スゥルタイツールボックスがmo5-0! (2019年1月25日)

個性的なデッキが勝っていたので紹介します。柔軟にサーチ!

デッキリストはhttps://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/competitive-modern-constructed-league-2019-01-25より

プレイヤー:LYCOS13 デッキ:スゥルタイツールボックス

プレインズウォーカー(2)
1 最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope
1 ゴルガリの女王、ヴラスカ/Vraska, Golgari Queen

クリーチャー(25)
3 深淵の迫害者/Abyssal Persecutor
3 極楽鳥/Birds of Paradise
3 とぐろ巻きの巫女/Coiling Oracle
1 永遠の証人/Eternal Witness
1 エレンドラ谷の大魔導師/Glen Elendra Archmage
1 人質取り/Hostage Taker
1 ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet
1 虐殺のワーム/Massacre Wurm
2 巣の侵略者/Nest Invader
2 深き刻の忍者/Ninja of the Deep Hours
2 貴族の教主/Noble Hierarch
1 疫病造り師/Plaguecrafter
2 漁る軟泥/Scavenging Ooze
1 スカラベの神/The Scarab God
1 不屈の追跡者/Tireless Tracker

ソーサリー(4)
4 異界の進化/Eldritch Evolution

インスタント(7)
2 暗殺者の戦利品/Assassin’s Trophy
3 致命的な一押し/Fatal Push
2 否認/Negate

土地(22)
3 花盛りの湿地/Blooming Marsh
1 植物の聖域/Botanical Sanctum
1 繁殖池/Breeding Pool
2 忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit
2 森/Forest
1 島/Island
4 霧深い雨林/Misty Rainforest
2 草生した墓/Overgrown Tomb
1 沼/Swamp
4 新緑の地下墓地/Verdant Catacombs
1 湿った墓/Watery Grave
60 Cards

サイドボード(15)
1 罪+罰/Crime+Punishment
2 滅び/Damnation
1 膨らんだ意識曲げ/Distended Mindbender
1 豪華の王、ゴンティ/Gonti, Lord of Luxury
2 ハートウッドの語り部/Heartwood Storyteller
1 野生の狩りの達人/Master of the Wild Hunt
1 強情なベイロス/Obstinate Baloth
2 再利用の賢者/Reclamation Sage
1 最後のトロール、スラーン/Thrun, the Last Troll
3 漂流自我/Unmoored Ego

1枚刺しのクリーチャーを状況に合わせてサーチしつつ戦う、いわゆる「ツールボックス」と呼ばれるアーキタイプ。その中でも緑黒青のスゥルタイカラーは珍しい印象。

サーチスペルとして選ばれているのは異界の進化

追加コストとして1体生け贄なのでアドバンテージは失いますが、わずか3マナで主に3~5マナのクリーチャーをいきなり場に出せるのはテンポ良し。

そして本リストで特徴的なのが深淵の迫害者を採用していること。

高い戦闘力を持ちますがコントロールしているかぎり勝利不可。驚愕のデメリットです。このリーチャーはサーチ先じゃなく、むしろ生け贄用。異界の進化による生け贄は追加コストなので打ち消されても実行済み、確実に始末できるってわけです。

マナクリーチャーから深淵の迫害者を出して相手のライフを削り、勝てる場面になったら異界の進化。これは単純なサーチ呪文である召喚の調べだと無理な戦略ですね

そして、サーチ先としては幅広い効果を持つクリーチャーが用意されています。

除去、墓地対策、アドバンテージ……状況に合わせて解決策を叩きつける。これぞツールボックスの楽しさ。

カードプールが広いと、サーチスペルとクリーチャーの両方が多種多様。さまざまな動きができるようになりますね。

 

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント