約束の刻4枚! 変則タイタンシフトがmo5-0! (2019年4月16日)

ちょっと珍しい調整が勝っていたので紹介します。噴火一直線!

デッキリストはhttps://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/competitive-modern-constructed-league-2019-04-16より

プレイヤー:WD40ROCKS デッキ:タイタンシフト

クリーチャー(10)
4 原始のタイタン/Primeval Titan
4 桜族の長老/Sakura-Tribe Elder
2 ウッド・エルフ/Wood Elves

ソーサリー(16)
4 遥か見/Farseek
4 約束の刻/Hour of Promise
4 風景の変容/Scapeshift
4 明日への探索/Search for Tomorrow

エンチャント(7)
4 カルニの心臓の探検/Khalni Heart Expedition
3 虹色の前兆/Prismatic Omen

土地(27)
3 燃えがらの林間地/Cinder Glade
2 森/Forest
1 霧深い雨林/Misty Rainforest
6 山/Mountain
4 踏み鳴らされる地/Stomping Ground
4 溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle
3 吹きさらしの荒野/Windswept Heath
4 樹木茂る山麓/Wooded Foothills
60 Cards

サイドボード(15)
2 神々の憤怒/Anger of the Gods
2 カメレオンの巨像/Chameleon Colossus
2 稲妻/Lightning Bolt
3 強情なベイロス/Obstinate Baloth
1 再利用の賢者/Reclamation Sage
4 大祖始の遺産/Relic of Progenitus
1 粉砕の嵐/Shatterstorm

神々の憤怒・稲妻・大祖始の遺産といった最近ではメインから入っていることの多い妨害用カードをすべてサイドに下げ、空いた枠に約束の刻&カルニの心臓の探検を4枚づつフル投入。相手に干渉できなくなる代わりに、4ターン目には確実にヴァラクートを噴火させる戦略。

約束の刻は特殊土地でもサーチできるのが便利。砂漠は入ってないのでトークン生成はインクの染みですが。

土地5枚から約束の刻→ヴァラクート2枚サーチ→カルニの心臓の探検を条件達成して山2枚サーチ、と動ければヴァラクートが4回誘発して計12点ダメージをばらまけます。一般的なアグロデッキなら全滅させられるので妨害用カードを不採用にしても意外と困らないかも。条件を達成した後は攻守を兼ねるのがヴァラクートの強み。

メインは徹底したスピード勝負。ピーキーな調整に見えるけど、相手によっては腐るカードを抜いて土地加速を増量しているわけで、むしろ安定志向? 原始のタイタンも出しやすそうです。

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント