跳ねる混成体! ティムールキキジキがmo5-0! (2019年3月12日)

見慣れないデッキが勝っていたので紹介します。不意打ちを狙う!

デッキリストはhttps://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/competitive-modern-constructed-league-2019-03-12より

プレイヤー:MYLAST デッキ:ティムールキキジキ

プレインズウォーカー(2)
2 精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor

クリーチャー(20)
4 跳ねる混成体/Bounding Krasis
4 詐欺師の総督/Deceiver Exarch
1 栄光をもたらすもの/Glorybringer
1 高原の狩りの達人/Huntmaster of the Fells
1 鏡割りのキキジキ/Kiki-Jiki, Mirror Breaker
1 ピア・ナラーとキラン・ナラー/Pia and Kiran Nalaar
3 瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage
4 タルモゴイフ/Tarmogoyf
1 ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique

ソーサリー(7)
3 異界の進化/Eldritch Evolution
4 血清の幻視/Serum Visions

インスタント(9)
4 稲妻/Lightning Bolt
3 差し戻し/Remand
1 呪文貫き/Spell Pierce
1 蒸気の絡みつき/Vapor Snag

土地(22)
1 繁殖池/Breeding Pool
1 森/Forest
2 内陸の湾港/Hinterland Harbor
2 島/Island
4 霧深い雨林/Misty Rainforest
1 山/Mountain
2 怒り狂う山峡/Raging Ravine
4 沸騰する小湖/Scalding Tarn
2 蒸気孔/Steam Vents
1 踏み鳴らされる地/Stomping Ground
2 硫黄の滝/Sulfur FallsSulfur Falls
60 Cards

サイドボード(15)
1 削剥/Abrade
1 古の遺恨/Ancient Grudge
2 神々の憤怒/Anger of the Gods
1 儀礼的拒否/Ceremonious Rejection
1 軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke
1 払拭/Dispel
1 仕組まれた爆薬/Engineered Explosives
1 否認/Negate
1 再利用の賢者/Reclamation Sage
3 外科的摘出/Surgical Extraction
1 スラーグ牙/Thragtusk
1 不屈の追跡者/Tireless Tracker

血清の幻視・稲妻などの優秀な1~2マナ呪文で序盤をしのぎ、そこからクリーチャーで戦っていく構造。マナクリーチャーが入っていないのが特徴的では。マナクリは中盤以降に引くと腐るカードなので、そこを嫌った形でしょうか。

主力になるのはタルモゴイフだと思われます。

2マナ4/5以上は驚異のコストパフォーマンス。色拘束が薄く3色デッキでも使いやすいのがすごいところ。

また、鏡割りのキキジキ+跳ねる混成体or詐欺師の総督による無限速攻トークン即死コンボも搭載。キキジキは1枚だけですが異界の進化があるのでかなり狙っていけるはず。

跳ねる混成体&詐欺師の総督は単体で使っても瞬足+タップアンタップでけっこう強力。自軍をアンタップしていきなりブロッカーを増やしたり、相手をタップしてブロッカーを排除したり。

緑青赤という珍しい組み合わせを使ったオリジナルなレシピ。加えて、即死コンボとインスタントタイミングの妨害。かなり不意打ちを決めていけそうなレシピです。

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント