集団意識タイプのアミュレットタイタンがmo5-0! (2019年2月1日)

ちょっと懐かしい構築が勝っていたので紹介します。デメリットを押し付ける!

デッキリストはhttps://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/competitive-modern-constructed-league-2019-02-01より

プレイヤー:PUNTTHENWHINE デッキ:アミュレットタイタン

クリーチャー(7)
3 迷える探求者、梓/Azusa, Lost but Seeking
4 原始のタイタン/Primeval Titan

ソーサリー(7)
4 古きものの活性/Ancient Stirrings
3 血清の幻視/Serum Visions

インスタント(6)
2 否定の契約/Pact of Negation
4 召喚士の契約/Summoner’s Pact

アーティファクト(10)
4 精力の護符/Amulet of Vigor
2 仕組まれた爆薬/Engineered Explosives
4 睡蓮の花/Lotus Bloom

エンチャント(2)
2 集団意識/Hive Mind

土地(28)
2 霊気拠点/Aether Hub
1 ボロスの駐屯地/Boros Garrison
1 崩壊する痕跡/Crumbling Vestige
2 森/Forest
4 宝石鉱山/Gemstone Mine
1 ゴルガリの腐敗農場/Golgari Rot Farm
2 グルールの芝地/Gruul Turf
1 カルニの庭/Khalni Garden
1 光輝の泉/Radiant Fountain
1 セレズニアの聖域/Selesnya Sanctuary
4 シミックの成長室/Simic Growth Chamber
1 処刑者の要塞/Slayers’ Stronghold
1 軍の要塞、サンホーム/Sunhome, Fortress of the Legion
2 神秘の神殿/Temple of Mystery
3 トレイリア西部/Tolaria West
1 ヴェズーヴァ/Vesuva
60 Cards

サイドボード(15)
1 ボジューカの沼/Bojuka Bog
2 四肢切断/Dismember
1 幽霊街/Ghost Quarter
1 女王スズメバチ/Hornet Queen
2 コジレックの帰還/Kozilek’s Return
1 自然の要求/Nature’s Claim
1 強情なベイロス/Obstinate Baloth
1 再利用の賢者/Reclamation Sage
1 殺戮の契約/Slaughter Pact
2 白鳥の歌/Swan Song
1 トーモッドの墓所/Tormod’s Crypt
1 歩行バリスタ/Walking Ballista

今ではすっかり定番デッキとなったアミュレットタイタン。しかし、初期のころは電波系ローグという位置付けでした。本リストは当時の香りがする方向性。

採用されている集団意識は、独特な効果をもつエンチャント。

全員がスペルを共有する状態になるけど、自分はカード1枚と6マナを使っているわけで。これだけだと大損。その上、相手がスペルを使わないデッキだと効果が半減……難しいカードです。

しかし、探してみれば相性の良いカードは意外とあるもの。それが契約サイクル。

デメリット部分もコピーされるので、相手はマナを払わないと敗北。色マナが合わない相手だと確殺コンボに。また契約は0マナで使えるので集団意識から連続キャストできて妨害されにくいのもメリット。マナ加速によって最速2ターン目には集団意識を置けるのでカジュアル電波に見えて意外に殺意のあるコンボでしょう。

もちろん原始のタイタンによる殴りプランも用意。アミュレットタイタンはモダンの中でも、かなり変則的な動きをする面白いデッキでは。

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント