敏捷な妨害術師4枚! 青白フラッシュがmo5-0! (2019年2月26日)

ちょっと意外な構築が勝っていたので紹介します。多少の被害は覚悟の上?

デッキリストはhttps://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/competitive-modern-constructed-league-2019-02-27より

プレイヤー:SOSWALTER デッキ:青白フラッシュ

サイドボード(17)
4 敏捷な妨害術師/Nimble Obstructionist
3 修復の天使/Restoration Angel
2 瞬唱の魔導士/Snapcaster Mage
3 呪文づまりのスプライト/Spellstutter Sprite
1 奔流の機械巨人/Torrential Gearhulk
2 ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique
2 前兆の壁/Wall of Omens

ソーサリー(4)
4 終末/Terminus

インスタント(14)
3 謎めいた命令/Cryptic Command
1 俗物の放棄/Forsake the Worldly
4 選択/Opt
4 流刑への道/Path to Exile
2 残骸の漂着/Settle the Wreckage

土地(25)
3 天界の列柱/Celestial Colonnade
4 廃墟の地/Field of Ruin
4 溢れかえる岸辺/Flooded Strand
1 幽霊街/Ghost Quarter
2 氷河の城砦/Glacial Fortress
3 神聖なる泉/Hallowed Fountain
4 島/Island
1 変わり谷/Mutavault
2 平地/Plains
1 啓蒙の神殿/Temple of Enlightenment
60 Cards

サイドボード(15)
1 俗物の放棄/Forsake the Worldly
1 激変の機械巨人/Cataclysmic Gearhulk
1 天界の裁き/Celestial Purge
1 浄化の輝き/Cleansing Nova
2 減衰球/Damping Sphere
1 聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft
2 台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks
1 黎明をもたらす者ライラ/Lyra Dawnbringer
1 否認/Negate
2 石のような静寂/Stony Silence
2 外科的摘出/Surgical Extraction

瞬足クリーチャー&インスタントを大量に採用し、徹底的に隙を見せずに行動していくアーキタイプ。しかし、リスト的に気になるのが終末

クリーチャーを多めに採用しているので自分も被害を受けてしまいそうだけど……高速化する環境に適応するためにはしょうがないという判断? 自分より相手の被害のほうが多ければ、有利にはなれます。

また敏捷な妨害術師が4枚も採用されているのも個性的。

サイクリングでドローしつつ能力打ち消し。3マナとやや重いものの上手くいけばアドが取れます。モダンだとフェッチランドに当てられると強烈でしょう。ウルザトロンが使ってくる忘却石などもねらい目。そして、クリーチャーとしてもパワー3飛行瞬足と頼れるクロック。

他の部分だと、メインサイド合わせて2枚の俗物の破棄も渋いチョイス。

サイクリングがあるので腐りづらく、追放するのが長所。アーティファクト系デッキが使う溶接の壺・アカデミーの廃墟などの破壊対策を無視できます。

全体を通して、環境に合わせた丁寧に調整されている印象です。

みんなの感想

  1. 匿名 より:

    追放除去の多さはドレッジやフェニックス意識でしょうね
    ホロウワンやバーンのような高速アグロに対しても効果が高く終末採用は納得、インスタントドローが多いので終末チャレンジの期待値も高い
    瞬速持ちが多いので終末に巻き込まれず展開することも容易ですし、1~2体ロスしても一度流せば大きく有利に立てる相手であれば問題ないという判断かなと思われます

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント