野生のナカティル4枚! ナヤバーンがmo5-0! (2018年12月18日)

少し珍しい構築が勝っていたので紹介します。緑の強カード!

デッキリストはhttps://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/competitive-modern-constructed-league-2018-12-18より

プレイヤー:ABELMOLTO デッキ:ナヤバーン

クリーチャー(17)
4 大歓楽の幻霊/Eidolon of the Great Revel
4 ゴブリンの先達/Goblin Guide
1 渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer
4 僧院の速槍/Monastery Swiftspear
4 野生のナカティル/Wild Nacatl

ソーサリー(7)
4 溶岩の撃ち込み/Lava Spike
3 裂け目の稲妻/Rift Bolt

インスタント(17)
4 アタルカの命令/Atarka’s Command
4 ボロスの魔除け/Boros Charm
4 稲妻/Lightning Bolt
4 焼尽の猛火/Searing Blaze
1 灼熱の血/Searing Blood

土地(20)
2 乾燥台地/Arid Mesa
4 血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire
4 銅線の地溝/Copperline Gorge
2 山/Mountain
2 聖なる鋳造所/Sacred Foundry
2 踏み鳴らされる地/Stomping Ground
4 樹木茂る山麓/Wooded Foothills
61 Cards

サイドボード(15)
1 渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer
2 灼熱の血/Searing Blood
1 跳ね返す掌/Deflecting Palm
4 破壊的な享楽/Destructive Revelry
1 罠の橋/Ensnaring Bridge
3 流刑への道/Path to Exile
3 安らかな眠り/Rest in Peace

生物のインフレの進んだ2018年12月現在では使用率が落ちている野生のナカティル。それでも2ターン目から3/3で殴って行けるのは高効率。

そしてバーンにおける赤緑の強力カードと言えばアタルカの命令。改めて効果を見ると2マナとしては驚きのコストパフォーマンス。

Atarka’s Command / アタルカの命令 (赤)(緑)
インスタント
以下から2つを選ぶ。
・このターン、あなたの対戦相手はライフを得られない。
・アタルカの命令は各対戦相手にそれぞれ3点のダメージを与える。
・あなたは、あなたの手札にある土地カードを1枚戦場に出してもよい。
・ターン終了時まで、あなたがコントロールするクリーチャーは+1/+1の修整を受けるとともに到達を得る。

バーンだと3点ダメージ+クリーチャー強化の組み合わせが定番。2マナで5点以上削れるのは驚異的です。+1/+1修整モードはクリーチャーの数が多いほうが効果が増すので、野生のナカティルと合わせて採用されているのでしょう。

またサイドカードの破壊的な享楽も緑を使うからこそ。2018年12月現在では赤白バーンも増えていますが、粉々より破壊的な享楽のほうがやはり便利。エンチャントも壊せるので天敵である神聖の力線も対処可能。

火力呪文と軽量クリーチャーで削りきる、戦略としてはシンプルながらバーンデッキも細かい部分は人・時代によって違いがありますね。

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント