成長のらせん4枚! スケープシフトがmo5-0! (2019年1月29日)

新カードが使わていたので紹介します。インスタントで隙が無い!

デッキリストはhttps://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/competitive-modern-constructed-league-2019-01-29より

プレイヤー:KAVOTHE デッキ:スケープシフト

プレインズウォーカー(2)
2 精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor

クリーチャー(3)
3 瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage

ソーサリ(8)
4 風景の変容/Scapeshift
4 明日への探索/Search for Tomorrow

インスタント(22)
4 謎めいた命令/Cryptic Command
1 電解/Electrolyze
4 成長のらせん/Growth Spiral
4 稲妻/Lightning Bolt
4 選択/Opt
4 差し戻し/Remand
1 呪文嵌め/Spell Snare

土地(25)
1 繁殖池/Breeding Pool
1 滝の断崖/Cascade Bluffs
1 燃えがらの林間地/Cinder Glade
2 森/Forest
3 島/Island
4 霧深い雨林/Misty Rainforest
1 山/Mountain
4 蒸気孔/Steam Vents
4 踏み鳴らされる地/Stomping Ground
2 溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle
2 樹木茂る山麓/Wooded Foothills
60 Cards

サイドボード(15)
2 古の遺恨/Ancient Grudge
3 神々の憤怒/Anger of the Gods
2 払拭/Dispel
1 高原の狩りの達人/Huntmaster of the Fells
2 イゼットの静電術師/Izzet Staticaster
2 嵐の神、ケラノス/Keranos, God of Storms
2 強情なベイロス/Obstinate Baloth
1 不屈の追跡者/Tireless Tracker

溶鉄の尖峰、ヴァラクートを中心とするデッキは多くありますが、本リストは原始のタイタンを使わないタイプ。青いカードを使ってコントロールしつつ、ゆっくり土地を伸ばす戦略。

そこにラヴニカの献身に収録されている新カード、成長のらせんが4枚採用されています。

ドローしつつ土地を伸ばせるのは単純ながら強力で、本デッキだと単なるマナ加速ではなくキルターンの短縮なのでより効果的。土地7枚から風景の変容で大ダメージ。

成長のらせんと近いカードとして古くから探検があるけど、成長のらせんはインスタントなのが大きな利点

カウンターを構えつつ相手が動けば打ち消し、何もなければエンドに成長のらせん。

探検を撃ったら返しに大型クリーチャーを出されてやばい
カウンターを構えてたら相手が動かずテンポ損

こういう悩みが無くなるわけで、デッキにとても噛み合っています。また瞬唱の魔道士と組み合わせる時も圧倒的に便利。

やはりインスタントとソーサリーは大違い。隙が小さくなった青系スケープシフト、地味ながら明確な強化です。

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント