8枚の血染めの月! 赤単ビートダウンがmo5-0! (2018年9月18日)

見かけないデッキが勝っていたので紹介します。特殊地形を封殺!

デッキリストはhttps://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/competitive-modern-constructed-league-2018-09-18より

プレイヤー:JOHOSO デッキ:赤単ビートダウン

クリーチャー(23)
3 ゴブリンの鎖回し/Goblin Chainwhirler
4 ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemaster
2 渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer
4 過酷な指導者/Harsh Mentor
2 熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Fervent
4 月の大魔術師/Magus of the Moon
4 猿人の指導霊/Simian Spirit Guide

ソーサリー(4)
4 二股の稲妻/Forked Bolt

インスタント(8)
4 火葬/Incinerate
4 稲妻/Lightning Bolt

エンチャント(4)
4 血染めの月Blood Moon

土地(21)
4 乾燥台地/Arid Mesa
13 山/Mountain
4 ラムナプの遺跡/Ramunap Ruins
60 Cards

サイドボード(15)
4 神々の憤怒/Anger of the Gods
4 ドラゴンの爪/Dragon’s Claw
1 暴れ回るフェロキドン/Rampaging Ferocidon
4 大祖始の遺産/Relic of Progenitus
2 破壊放題/Shattering Spree

まず、基本的な戦略が血染めの月&月の大魔術師8枚体制による特殊地形殺しなのは間違いないでしょう。猿人の指導霊があると2ターン目にキャスト可能、刺さる相手には勝ったも同然です。

また珍しいカードとして過酷な指導者が採用されています。

Harsh Mentor / 過酷な指導者 (1)(赤)
クリーチャー — 人間(Human) クレリック(Cleric)
対戦相手が戦場にあるアーティファクトかクリーチャーか土地の能力を1つ起動するたび、それがマナ能力でない場合、過酷な指導者はそのプレイヤーに2点のダメージを与える。

2/2

こちらもフェッチランドに刺さりますね。フェッチきるたびに2点は超痛い! そして月をスルーしてくる霊気の薬瓶にも効果的。他にも起動型アーティファクトを連打するトロンにも大ダメージ。全体的に5c人間とバントスピリット、トロン辺りが仮想敵に見えます。

また二股の稲妻が4枚、ゴブリンの鎖回しが3枚とかなり多めなのは赤単デッキとしても個性的では。環境的にタフネス1のクリーチャーが増えていると分析したのでしょうか。

やはり、モダンの赤にとって血染めの月は重要なカード。特殊地形とフェッチランドが増えてくれば、その次は月の出番です。

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント