赤緑血染めの月デッキがmo5-0! ゴブリンの熟練扇動者4枚! (2018年12月18日)

新しい調整が登場していたので紹介します。スピードアップ!

デッキリストはhttps://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/competitive-modern-constructed-league-2018-12-18より

プレイヤー:CRAZYCRANIUM デッキ:赤緑血染めの月

プレインズウォーカー(1)
1 ゼンディカーの代弁者、ニッサ/Nissa, Voice of Zendikar

クリーチャー(27)
4 東屋のエルフ/Arbor Elf
2 極楽鳥/Birds of Paradise
4 血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf
2 栄光をもたらすもの/Glorybringer
4 ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemaster
4 軍勢の戦親分/Legion Warboss
2 ピア・ナラーとキラン・ナラー/Pia and Kiran Nalaar
1 漁る軟泥/Scavenging Ooze
4 不屈の追跡者/Tireless Tracker

インスタント(3)
3 稲妻/Lightning BoltLightning Bolt

エンチャント(8)
4 血染めの月/Blood Moon
4 楽園の拡散/Utopia Sprawl

土地(21)
7 森/Forest
1 ケッシグの狼の地/Kessig Wolf Run
1 霧深い雨林/Misty Rainforest
1 山/Mountain
3 踏み鳴らされる地/Stomping Ground
4 吹きさらしの荒野/Windswept Heath
4 樹木茂る山麓/Wooded Foothills
60 Cards

サイドボード(15)
1 漁る軟泥/Scavenging Ooze
2 削剥/Abrade
2 古えの遺恨/Ancient Grudge
1 反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance
1 実験の狂乱/Experimental Frenzy
3 台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks
2 ミジウムの迫撃砲/Mizzium Mortars
3 三なる宝球/Trinisphere

いわゆる赤緑土地破壊デッキ……ではないようです。溶鉄の雨もムーンヴォリーの酸苔も不採用。

干渉手段は血染めの月だけ、もはや土地破壊デッキとは言いにくい構成。

また赤緑土地破壊のフィニッシャーとしては業火のタイタンが多い印象ですがこれも不採用。かわりに目を引くのが4枚づつ投入されたゴブリンの熟練扇動者軍勢の戦親分

どちらも3マナとしては驚異的な打点を誇ります。8枚体制ならかなりの攻撃力を発揮するでしょう。

土地を縛って相手を減速させその間にマナ加速して業火のタイタン、というのが今までの戦略。しかし本リストは妨害要素を最低限に抑えて3マナから殴りにいくスタイル。全体的に軽量化してスピードアップという感じ。モダン環境が高速化してきて3マナ土地破壊では遅いと判断したのでしょうか。

とても大きな方針転換、やはり環境に合わせた調整は重要なようです。

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント