赤白不朽の理想がmo5-0! 斑岩の節! (2018年9月25日)

ローグデッキが勝っていたので紹介します。刺さるカードで相手を封殺!

デッキリストはhttps://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/competitive-modern-constructed-league-2018-09-25より

プレイヤー:SHAYNEMO デッキ:赤白不朽の理想

ソーサリー(4)
4 不朽の理想/Enduring Ideal

アーティファクト(4)
4 睡蓮の花/Lotus Bloom

エンチャント(29)
1 鳩散らし/Dovescape
2 ドラゴン変化/Form of the Dragon
4 亡霊の牢獄/Ghostly Prison
4 神聖の力線/Leyline of Sanctity
1 忘却の輪/Oblivion Ring
1 圧倒的輝き/Overwhelming Splendor
3 ファイレクシアの非生/Phyrexian Unlife
4 斑岩の節/Porphyry Nodes
4 ルーンの光輪/Runed Halo
2 安全の領域/Sphere of Safety
3 抑制の場/Suppression Field

土地(25)
1 すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All
1 霧覆いの平地/Mistveil Plains
2 新ベナリア/New Benalia
4 ニクスの祭殿、ニクソス/Nykthos, Shrine to Nyx
10 平地/Plains
2 岩だらけの大草原/Rugged Prairie
1 聖なる鋳造所/Sacred Foundry
4 凱旋の神殿/Temple of Triumph
62 Cards

サイドボード(15)
1 忘却の輪/Oblivion Ring
1 軍勢の集結/Assemble the Legion
1 払拭の光/Banishing Light
1 血染めの月/Blood Moon
1 防御の光網/Defense Grid
1 信仰の盾/Faith’s Shield
2 偉大なるオーラ術/Greater Auramancy
2 石のような静寂/Rest in Peace
4 沈黙/Silence
1 捕縛の言葉/Word of Seizing

そこそこの数の使用者がいて、ローグデッキとしては存在感のある不朽の理想。

カラーリングは色々とあるのですが、この赤白タイプが一般的でしょうか。しかし、デッキリストは固まっておらず人によって大きな違いが。本リストは環境を読んだ見事な調整で勝ち上がっています。

ファイレクシアの非生3、斑岩の節4は不朽の理想デッキの中でもかなりアグロ対策が厚い構築だでしょう。

特に斑岩の節はクリーチャーデッキに刺さりまくりますからね……私も使われたことがありますが悶絶しまくり。毎ターン破壊は効果抜群。

また、抑制の場も注目すべきカード。

フェッチとアーティファクトに刺さり、モダンのほぼすべてのデッキを減速させまくる。エンチャントデッキにおける最高の妨害カードと言えます。

しかし、これを入れると自分のフェッチも使えなくなるのが欠点。抑制の場を使うためにほぼ白単にするか、フェッチを入れて多色化して幅広いカードを使うか。エンチャントデッキの悩みどころ。本リストでは白単に近い構成ながらも、ギリギリでドラゴン変化のキャストも狙える見事な構築になっています。

デッキの性質的には、コンボ・コントロールが多いよりアグロが増えている環境のほうが有利? 調整の余地と勝てるチャンスは意外と多いようです。

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント