アド損しても勝てばいい! ゴブリンストンピィがmo5-0! (2018年10月19日)

思い切ったレシピが勝っていたので紹介します。1ターン目から超マナ加速!

デッキリストはhttps://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/competitive-modern-constructed-league-2018-10-19より

プレイヤー:PUSUKE デッキ:ゴブリンストンピィ

プレインズウォーカー(2)
2 反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance

クリーチャー(24)
3 絡み森の大長/Chancellor of the Tangle
2 ゴブリンの酋長/Goblin Chieftain
4 ゴブリンのクレーター掘り/Goblin Cratermaker
2 ゴブリンの王/Goblin King
4 ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemaster
1 群衆の親分、クレンコ/Krenko, Mob Boss
4 軍勢の戦親分/Legion Warboss
4 猿人の指導霊/Simian Spirit Guide

インスタント(6)
4 捨て身の儀式/Desperate Ritual
2 発熱の儀式/Pyretic Ritual

アーティファクト(4)
4 虚空の杯/Chalice of the Void

エンチャント(4)
4 血染めの月/Blood Moon

土地(20)
2 魂の洞窟/Cavern of Souls
3 宝石の洞窟/Gemstone Caverns
11 山/Mountain
4 ラムナプの遺跡/Ramunap Ruins
60 Cards

サイドボード(15)
1 ゴブリンの酋長/Goblin Chieftain
1 ゴブリンの王/Goblin King
2 削剥/Abrade
3 虚空の力線/Leyline of the Void
2 月の大魔術師/Magus of the Moon
3 硫黄の精霊/Sulfur Elemental
3 三なる宝球/Trinisphere

絡み森の大長・猿人の指導霊・宝石の洞窟・捨て身の儀式・発熱の儀式のマナ加速16枚体制から、最速で虚空の盃&血染めの月を狙っていく!

こういう戦略の赤単デッキはたまに勝っているのですが、絡み森の大長まで入っているのは珍しいですね。宝石の洞窟と同時に初手にあった場合は、すでに仕事をしている絡み森の大長を追放することでアド損を防げるのは地味にお得な気分。

1ターン目に2マナ以上使えるのは強烈! 土地と合わせて2マナ出して、そこから捨て身の儀式・発熱の儀式につながって3マナ用意出来れば1ターンめ血染めの月も可能。

しかし、絡み森の大長は後引きすると完全に腐るのが欠点。土地基盤的に素出しするのは不可能です。最速ロックのために安定性を犠牲にしてある、月デッキとしても極端な調整。

相手の動きを封じた後のアタック要員はゴブリンで統一されています。特にゴブリンの熟練扇動者&軍勢の戦親分は1枚だけでも強烈な打点を出せるカード。

そしてトークンを横展開するこの2枚にロードを重ねると、打点はさらに加速! これを意識してゴブリンで統一していると思われます。

他のカードを見ると、ラムナプの遺跡はモダンだとやや見慣れない土地。

血染めの月を置いていると動かせませんが、起動できる状態なら最後の一押しに役立ってくれるでしょう。引きムラが激しいデッキなので、マナソースばっかり手札に来るフラッド状態を緩和してくれるカードは効果的です。捨て身の儀式・発熱の儀式があれば土地4枚以下でも起動可能。

赤単最速月デッキと一口に言っても、人によってリストはいろいろと違うようです。

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント