グルールの呪文砕き! 赤緑エルドラージがmo5-0! (2019年2月1日)

新しいカードが使われていたので紹介します。優秀なスペック!

デッキリストはhttps://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/competitive-modern-constructed-league-2019-02-01より

プレイヤー:GALAXYMAN2 デッキ:赤緑エルドラージ

クリーチャー(26)
4 血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf
4 エルドラージの寸借者/Eldrazi Obligator
4 グルールの呪文砕き/Gruul Spellbreaker
4 貴族の教主/Noble Hierarch
4 現実を砕くもの/Reality Smasher
2 漁る軟泥/Scavenging Ooze
4 難題の予見者/Thought-Knot Seer

ソーサリー(6)
4 古きものの活性/Ancient Stirrings
2 溶岩コイルt/Lava Coil

インスタント(4)
4 稲妻/Lightning Bolt

アーティファクト(2)
1 大祖始の遺産/Relic of Progenitus
1 光と影の剣/Sword of Light and Shadow

土地(22)
3 魂の洞窟/Cavern of Souls
4 エルドラージの寺院/Eldrazi Temple
2 森/Forest
4 燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows
4 カープルーザンの森/Karplusan Forest
1 ケッシグの狼の地/Kessig Wolf Run
1 山/Mountain
1 踏み鳴らされる地/Stomping Ground
2 樹木茂る山麓/Wooded Foothills
60 Cards

サイドボード(15)
2 高山の月/Alpine Moon
2 神々の憤怒/Anger of the Gods
2 焼却/Combust
2 破壊的な享楽/Destructive Revelry
2 仕組まれた爆薬/Engineered Explosives
2 部族養い/Feed the Clan
2 墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage
1 トーモッドの墓所/Tormod’s Crypt

モダンでは意外と見ない赤緑の中速ビートダウンデッキ。本リストでは2マナ土地であるエルドラージの寺院を利用。現実を砕くものエルドラージの寸借者などの中型エルドラージをすばやく並べることでキルターンを短縮しています。

そこに採用されているのがラヴニカの献身から登場した新カード、グルールの呪文砕き

3/3速攻トランプル、または4/4トランプル。どちらにしても3マナとしては十分な性能。自ターンにかぎり呪禁なので速攻を選んだ時は、出してすぐ除去されてアタックが通らない、という展開がなし。大量の除去を構えられて最後の1点が削りきれない、という対コントロールのあるある負けパターンを突破可能です。

そして血編み髪のエルフは続唱を持ち、4マナにして速攻6点クロックになる可能性が。2体連続キャストになるので打ち消し&除去にも強い。

また古きものの活性は面白い採用。

赤緑のステロイドにドローカードが入るのは意外な気もしますが、さすがに1マナで5枚見れるのは強いと。本デッキのメインアタッカーであることを中型エルドラージを探して息切れ防止。

効率の良い速攻クリーチャーを次々とキャストして殴り倒す。単純ながら、これこそが赤緑の戦術でしょう。

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント