時を解す者、テフェリー4枚! 新型青白コントロールがmo5-0! (2019年5月14日)

新カードが使われていたので紹介します。極悪コンビネーション!

デッキリストはhttps://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/competitive-modern-constructed-league-2019-05-14より

プレイヤー:HAUBIDTRAN デッキ:青白コントロール

プレインズウォーカー(6)
2 精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor
4 時を解す者、テフェリー/Teferi, Time Raveler

クリーチャー(8)
4 瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage
4 呪文捕らえ/Spell Queller

ソーサリー(8)
1 天使への願い/Entreat the Angels
2 失脚/Oust
2 血清の幻視/Serum Visions
3 終末/Terminus

インスタント(14)
4 謎めいた命令/Cryptic Command
1 論理の結び目/Logic Knot
4 選択/Opt
3 流刑への道/Path to Exile
2 差し戻し/Remand

土地(24)
2 爆発域/Blast Zone
2 天界の列柱/Celestial Colonnade
4 廃墟の地/Field of Ruin
4 溢れかえる岸辺/Flooded Strand
1 氷河の城砦/Glacial Fortress
2 神聖なる泉/Hallowed Fountain
5 島/Island
3 平地/Plains
1 大草原の川/Prairie Stream
60 Cards

サイドボード(14)
1 激変の機械巨人/Cataclysmic Gearhulk
4 儀礼的拒否/Ceremonious Rejection
1 軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke
2 ドビンの拒否権/Dovin’s Veto
1 太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun’s Champion
2 外科的摘出/Surgical Extraction
3 機を見た援軍/Timely Reinforcements

『灯争大戦』から時を解す者、テフェリーを採用。さらに相性の良い呪文捕らえも入っていて、今までの青白コントロールとは一味違ったレシピ。

この2枚が同時に並ぶと強烈なシナジーを発揮して

・呪文捕らえがカウンターされず確実に相手の呪文をキャッチできる
・テフェリーの常在効果で、呪文捕らえが場を離れても相手は呪文をキャスト不可
・テフェリーで呪文捕らえをバウンスして再利用(もちろん相手は呪文を唱えられない)
・テフェリーで相手パーマネントをバウンス、出し直してきたところを呪文捕らえ

呪文捕らえ単体でも強いのに、さらに妨害性能アップ。そして妨害している間にテフェリーの忠誠度を上げて再びバウンスを構える……想像するだけでえぐい。

また他の部分だと爆発域ドビンの拒否権も『灯争大戦』からの新カード。

新しいカードが出ると、デッキの可能性が広がりますね。

みんなの感想

  1. 匿名 より:

    テフェリーコンボは素直に凄いわ。

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント