ゼナゴスシュート! ティムール歯と爪がmo5-0! (2018年11月16日)

ロマンある構築が勝っていたので紹介します。30点砲!

デッキリストはhttps://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/competitive-modern-constructed-league-2018-11-16より

プレイヤー:UEGJO デッキ:ゼナゴスシュート

プレインズウォーカー(5)
2 野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker
2 深海の主、キオーラ/Kiora, Master of the Depths
1 世界を目覚めさせる者、ニッサ/Nissa, Worldwaker

クリーチャー(19)
4 東屋のエルフ/Arbor Elf
2 極楽鳥/Birds of Paradise
1 引き裂かれた永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn
2 永遠の証人/Eternal Witness
1 女王スズメバチ/Hornet Queen
3 キオーラの追随者/Kiora’s Follower
1 原始のタイタン/Primeval Titan
3 不屈の追跡者Tireless Tracker
1 歩行バリスタ/Walking Ballista
1 歓楽の神、ゼナゴス/Xenagos, God of Revels

ソーサリー(6)
3 原初の命令/Primal Command
3 歯と爪/Tooth and Nail

エンチャント(8)
4 はびこり/Overgrowth
4 楽園の拡散/Utopia Sprawl

土地(22)
3 繁殖池/Breeding Pool
7 森/Forest
1 ケッシグの狼の地/Kessig Wolf Run
1 ニクスの神殿、ニクソス/Nykthos, Shrine to Nyx
2 踏み鳴らされる地/Stomping Ground
1 新緑の地下墓地/Verdant Catacombs
3 吹きさらしの荒野/Windswept Heath
4 樹木茂る山麓/Wooded Foothills
60 Cards

サイドボード(15)
1 古の遺恨/Ancient Grudge
1 カメレオンの巨像/Chameleon Colossus
1 忍び寄る腐食/Creeping Corrosion
1 塵への崩壊/Crumble to Dust
1 龍王アタルカ/Dragonlord Atarka
2 稲妻/Lightning Bolt
1 自然の要求/Nature’s Claim
2 否認/Negate
1 強情なベイロス/Obstinate Baloth
1 自由なる者ルーリク・サー/Ruric Thar, the Unbowed
2 漁る軟泥/Scavenging Ooze
1 ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine

マナ加速オーラと土地アンタップ、その超マナブーストから歯と爪のキャストを狙うデッキ。

9マナ払えば、任意のクリーチャーを2体同時にサーチ&踏み倒しできる強力な呪文。しかし非常に重いのが難点。使うからには一撃必殺を狙っていきたいところです。

そこで場に出すのは歓楽の神、ゼナゴス+引き裂かれし永劫、エムラクールの組み合わせ。

神ゼナゴスの効果はパワー2倍&速攻付与。これによってエムラクールが30点速攻パンチの一撃必殺! ダイナミックな動き、エムラクールを使うコンボの中でもド派手な部類でしょう。

始動が9マナと重いものの、東屋のエルフからブン回れば最速3ターンで決まる速さもあります。また上手くコンボパーツがそろわなくても原初の命令などを絡めた緑系ランプデッキとして戦うことも可能。

採用カードの中では深海の主、キオーラはモダンだと珍しいでしょうか。

[+1]:クリーチャーを最大1体と土地を最大1つ対象とし、それらをアンタップする。

これがデッキに噛み合っていて爆発的なマナ加速を実現。またキオーラに合わせてキオーラの追随者、サイドに否認など青いカードを採用したティムールカラーになっているのが特徴的なレシピ。

ランプと即死コンボの融合、やはりビッグマナ戦略には魅力がありますね。

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント