珍しい調整のジャンドがmo5-0! メインから血染めの月! (2018年10月2日)

変わったリストが勝っていたので紹介します。土地を封じて殴りきる!

デッキリストはhttps://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/competitive-modern-constructed-league-2018-10-02より

プレイヤー:RUUDMAARTEN デッキ:ジャンド

プレインズウォーカー(4)
1 反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance
2 ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil
1 最後の希望、リリアナ/Liliana, the Last Hope

クリチャー(16)
4 血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf
3 闇の腹心/Dark Confidant
4 ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemaster
2 漁る軟泥/Scavenging Ooze
3 タルモゴイフ/Tarmogoyf

ソーサリー(5)
1 戦慄掘り/Dreadbore
4 思考囲い/Thoughtseize

インスタント(9)
2 致命的な一押し/Fatal Push
3 コラガンの命令/Kolaghan’s Command
4 稲妻/Lightning Bolt

エンチャント(3)
3 血染めの月/Blood Moon

土地(23)
1 血の墓所/Blood Crypt
2 血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire
2 花盛りの湿地/Blooming Marsh
2 銅線の地溝/Copperline Gorge
4 森/Forest
1 山/Mountain
2 草生した墓/Overgrown Tomb
3 怒り狂う山峡/Raging Ravine
3 沼/Swamp
1 樹上の村/Treetop Village
2 樹木茂る山麓/Wooded Foothills
60 Cards

サイドボード(15)
1 漁る軟泥/Scavenging Ooze
2 古えの遺恨/Ancient Grudge
2 集団的蛮行/Collective Brutality
1 仕組まれた爆薬/Engineered Explosives
2 大爆発の魔導士/Fulminator Mage
1 墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage
1 高原の狩りの達人/Huntmaster of the Fells
2 台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks
1 大渦の脈動/Maelstrom Pulse
1 虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb
1 外科的摘出/Surgical Extraction

3色デッキであるジャンドが血染めの月を使う!

昔からたま~に見かけるアイディアなのだけど、大胆でしょう。予想できる人は少ないはず、メインは不意打ちで相手を封殺できることも多そう。出されたら驚きまくり。

他の部分もかなり調整されていてハンデスなどの枚数が削られています。突然の衰微・暗殺者の戦利品もなし。そして空いたスロットにゴブリンの熟練扇動者が4枚積み! 月で動きの止まった相手を血編み髪のエルフ&ゴブリンの熟練扇動者でひき殺す戦略が見えますね。

土地は月に合わせて基本土地が多め。しかし、ミシュラランドは基本通り4枚入っています。まぁ必ず月が置けるわけじゃありませんし、特にサイドからは相手が月を割ってくるはずなのでミシュラランドが機能復元することも多いでしょう。

かなり変則的なジャンド。対応力は下がっていますが、その分だけ攻撃的な魅力を感じるリストです。

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント