モックス・アンバー! 伝説エラヨウがMO5-0! (2018年7月24日)

かなり変則的かつ斬新なデッキが勝っていたので紹介します。ドミナリアの新カードをフル活用!?

デッキリストはhttps://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/competitive-modern-constructed-league-2018-07-24より

ユーザー:ANDGRAND デッキ:ジェスカイ伝説エラヨウ

クリーチャー(17)
3 上位の空民、エラヨウ/Erayo, Soratami Ascendant
2 聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft
3 ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy
3 遺跡潜り、ジョリー・エンJori En, Ruin Diver
3 僧院の導師/Monastery Mentor
3 瞬唱の魔導士/Snapcaster Mage

ソーサリー (4)
4 血清の幻視/Serum Visions

インスタント(14)
4 稲妻/Lightning Bolt
4 選択/Opt
4 流刑への道/Path to Exile
2 撤廃/Repeal

アーティファクト (8)
4 ミシュラのガラクタ/Mishra’s Bauble
4 モックス・アンバー/Mox Amber

土地 (17)
2 乾燥台地/Arid Mesa
1 永岩城/Eiganjo Castle
1 溢れかえる岸辺/Flooded Strand
2 神聖なる泉/Hallowed Fountain
1 島/Island
1 平地/Plains
2 聖なる鋳造所/Sacred Foundry
2 金属海の沿岸/Seachrome Coast
3 尖塔断の運河/Spirebluff Canal
2 蒸気孔/Steam Vents
60 Cards

サイドボード(15)
3 高山の月/Alpine Moon
2 軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke
3 稲妻のらせん/Lightning Helix
3 呪文貫き/Spell Pierce
2 トーモッドの墓所/Tormod’s Crypt
2 摩耗+損耗/Wear+Tear

 

う~む、かなりの独創性。最初見た時は「!?」ってなりました。

キーカードは2種類でしょう。

Erayo, Soratami Ascendant / 上位の空民、エラヨウ (1)(青)
伝説のクリーチャー — ムーンフォーク(Moonfolk) モンク(Monk)
飛行
いずれかのターンに4つ目の呪文が唱えられるたび、上位の空民、エラヨウを反転する。

1/1
Erayo’s Essence / エラヨウの本質 (1)(青)
伝説のエンチャント
対戦相手1人が各ターンの最初の呪文を唱えるたび、その呪文を打ち消す。

Mox Amber / モックス・アンバー (0)
伝説のアーティファクト
(T):あなたがコントロールしている伝説のクリーチャーとプレインズウォーカーの中の好きな色1色のマナ1点を加える。

伝説クリーチャーを多く採用し、モックス・アンバーでマナ加速。エラヨウの高速反転を狙うのがコンセプト。上手くいけば2ターン目にキャストしてそのまま裏返せる。先手2ターン目に決まれば間違いなくggでしょう。

このデッキのモックス・アンバーは偉いですね。マナ加速と共に連打用の0マナアーティファクトでもある。

直接的にライフを減らすフィニッシャーとしては僧院の導師が採用されています。こちらも呪文連打と相性抜群。

かなりピーキーな構成に思えますが……1マナドローが8枚用意されているので意外と安定しているのかも?

見れば見るほど噛み合っている。個性的ながらも合理的。こういうデッキを作れる人は尊敬しちゃいます。

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント