孵化+不和4枚! ドルイドコンボがmo5-0! (2019年2月15日)

新カードが使われていたので紹介します。上位互換!

デッキリストはhttps://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/competitive-modern-constructed-league-2019-02-15より

プレイヤー:TZIO デッキ:緑白ドルイドコンボ

クリーチャー(22)
4 極楽鳥/Birds of Paradise
4 献身のドルイド/Devoted Druid
3 薄暮見の徴募兵/Duskwatch Recruiter
4 貴族の教主/Noble Hierarch
2 豊潤の声、シャライ/Shalai, Voice of Plenty
4 療治の侍臣/Vizier of Remedies
1 歩行バリスタ/Walking Ballista

ソーサリー(9)
1 自然との融和/Commune with Nature
4 異界の進化/Eldritch Evolution
4 死後の一突き/Postmortem Lunge

インスタント(8)
4 召喚の調べ/Chord of Calling
4 孵化+不和/Incubation+Incongruity

土地(21)
1 繁殖池/Breeding Pool
1 ドライアドの東屋/Dryad Arbor
3 森/Forest
3 地平線の梢/Horizon Canopy
1 霧深い雨林/Misty Rainforest
1 平地/Plains
3 剃刀境の茂み/Razorverge Thicket
2 寺院の庭/Temple Garden
1 新緑の地下墓地/Verdant Catacombs
4 吹きさらしの荒野/Windswept Heath
1 樹木茂る山麓/Wooded Foothills
60 Cards

サイドボード(15)
2 ブレンタンの炉の世話人/Burrenton Forge-Tender
2 弁論の幻霊/Eidolon of Rhetoric
1 ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar
2 秋の騎士/Knight of Autumn
1 静寂の守り手、リンヴァーラ/Linvala, Keeper of Silence
1 自然に仕える者、ニッサ/Nissa, Steward of Elements
1 ゼンディカーの代弁者、ニッサ/Nissa, Voice of Zendikar
2 流刑への道/Path to Exile
1 不屈の追跡者/Tireless Tracker
2 崇拝/Worship

しばらく前に自然との融和4枚のドルイドコンボがGP入賞していましたが、本リストはそのアップデート版と言えるでしょう。

ラヴニカの献身から登場した孵化+不和は、自然との融和のほぼ上位互換

そもそも左の孵化だけで、青マナでも打てる時点で優位。加えて不和のおかげでサーチと除去を1枚で兼ねる便利カード。時代とレアリティが違うとはいえ、とんでもない性能差です。

まぁドルイドコンボは3キルを狙うデッキなので3マナ除去を使うことは少ないでしょうけど、ファイレクシアの破棄者に献身のドルイドのアンタップ能力を封印されている、みたいな状況なら除去が勝敗を変えるはず。

新カードの中には、古いカードのほぼ上位互換と言える強力なものがあったりするもので。

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント