弾けるドレイクを採用した青赤デッキがmo5-0! (2018年10月2日)

新カードを中心とした大胆な構築が勝っていたので紹介します。パワー10以上も現実的!

デッキリストはhttps://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/competitive-modern-constructed-league-2018-10-02より

プレイヤー:EASTONMD21 デッキ:青赤はじけるドレイク?

クリチャー(8)
4 弾けるドレイク/Crackling Drake
4 瞬唱の魔導士/Snapcaster Mage

ソーサリー(6)
2 神々の憤怒/Anger of the Gods
4 血清の幻視/Serum Visions

インスタント(22)
1 削剥/Abrade
3 電解/Electrolyze
2 収穫の火/Harvest Pyre
1 イオン化/Ionize
1 イゼットの魔除け/Izzet Charm
4 稲妻/Lightning Bolt
1 論理の結び目/Logic Knot
2 マナ漏出/Mana Leak
1 否認/Negate
2 呪文嵌め/Spell Snare
4 思考掃き/Thought Scour

エンチャント(2)
2 血染めの月/Blood Moon

土地(22)
2 溢れかえる岸辺/Flooded Strand
6 島/Island
1 霧深い雨林/Misty Rainforest
1 山/Mountain
2 汚染された三角州/Polluted Delta
4 沸騰する小湖/Scalding Tarn
3 蒸気孔/Steam Vents
3 硫黄の滝/Sulfur Falls
60 Cards

サイドボード(15)
1 削剥/Abrade
1 神々の憤怒/Anger of the Gods
1 血染めの月/Blood Moon
1 否認/Negate
1 儀礼的拒否/Ceremonious Rejection
1 凶兆艦隊の向こう見ず/Dire Fleet Daredevil
2 払拭/Dispel
1 渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer
2 イゼットの静電術師/Izzet Staticaster
1 精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor
1 ピア・ナラーとキラン・ナラー/Pia and Kiran Nalaar
1 イゼット副長、ラル/Ral, Izzet Viceroy
1 汚損破/Vandalblast

今までとは違った形の青赤デッキが登場です。

Crackling Drake / 弾けるドレイク (青)(青)(赤)(赤)
クリーチャー — ドレイク(Drake)
飛行
弾けるドレイクのパワーは、追放領域かあなたの墓地にあり、あなたがオーナーであり、インスタントかソーサリーであるカードの枚数に等しい。
弾けるドレイクが戦場に出たとき、カードを1枚引く。

*/4

墓地だけでなく追放領域まで参照するのが非常に偉い! あと、キャントリップ付いてるのも超偉い。

今までの似たようなカードは墓地だけ参照で、簡単に対策されまくる上に瞬唱の魔導士とディスシナジーだったんですよね……1マナ増えたとはいえ、大幅な強化です。安定性が上がりまくり。

デッキにスペルが28枚、そのうえで墓地を追放されてもカウントが減らないとなればパワー10以上も普通に狙っていけるでしょう! 2回殴れば勝利! 瞬唱の魔導士と稲妻などでライフを削っていれば、1パンチで倒せるかも!?

ドレイクを優先して、同じ4マナとして競合する精神を刻む者、ジェイスおよび謎めいた命令はメインに不採用。今までの青赤コントロールとは根本的に戦略が違うと言えそう。

序盤を火力とカウンターでしのぎ、中盤の隙をついて弾けるドレイクを着地させる。そこから攻守を逆転させて、相手が対策カードを見つける前にすばやく撲殺する感じ?

とても面白いデッキです。青赤の新しい戦略となるのか、注目でしょう。

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント