自然との融和4枚! 珍しいドルイドコンボがGP7位入賞! (2018年12月09日)

見慣れない調整が結果を出していたので紹介します。サーチスペルを再検討!

デッキリストはhttps://magic.wizards.com/en/events/coverage/gppor18/tournament-resultsより

プレイヤー:STEVEN RIECKEN デッキ:アブザンドルイドコンボ

クリーチャー(23)
4 極楽鳥/Birds of Paradise
4 献身のドルイド/Devoted Druid
3 薄暮見の徴募兵/Duskwatch Recruiter
1 永遠の証人/Eternal Witness
4 貴族の教主/Noble Hierarch
2 豊潤の声、シャライ/Shalai, Voice of Plenty
4 療治の侍臣/Vizier of Remedies
1 歩行バリスタ/Walking Ballista

ソーサリー(12)
4 自然との融和/Commune with Nature
4 異界の進化/Eldritch Evolution
4 死後の一突き/Postmortem Lunge

インスタント(4)
4 召喚の調べ/Chord of Calling

土地(21)
1 ドライアドの東屋/Dryad Arbor
3 森/Forest
3 地平線の梢/Horizon Canopy
1 霧深い雨林/Misty Rainforest
1 草生した墓/Overgrown Tomb
1 平地/Plains
3 剃刀境の茂み/ Thicket
2 寺院の庭/Temple Garden
1 新緑の地下墓地/Verdant Catacombs
4 吹きさらしの荒野/Windswept Heath
1 樹木茂る山麓/Wooded FoothillsWooded Foothills
60 Cards

サイドボード(15)
2 ブレンタンの炉の世話人/ Forge-Tender
2 弁論の幻霊/Eidolon of Rhetoric
3 流刑への道/Path to Exile
1 罪の収集者/Sin Collector
1 不屈の追跡者/Tireless Tracker
2 崇拝/Worship
1 静寂の守り手、リンヴァーラ/, Keeper of Silence
2 秋の騎士/Knight of Autumn
1 ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar

療治の侍臣+献身のドルイドをそろえることで無限マナ。そこから薄暮見の徴募兵によって無限サーチして歩行バリスタをキャストすると本体に無限ダメージを飛ばせる。これがいわゆるドルイドコンボ。

必要なクリーチャーをそろえるためのサポート呪文は

4 召喚の調べ
4 集合した中隊

が基本でしょう。集合した中隊(Collected Company)からカウンター・カンパニーと呼ばれることも。

しかし、本リストではサポート呪文を大幅に変更しています。集合した中隊は不採用!

自然との融和はかなり珍しい印象。確かに1マナで5枚も見れるのは強力です。

異界の進化は生け贄が必要なものの集合した中隊と違って確定サーチ。死後の一突きは除去されてしまったコンボパーツを場に戻せます。

集合した中隊を使わないのは4マナが重いからでしょうか? 一般的なリストと比べるとサーチスペルが多めでクリーチャーは少なめ。よりコンボに特化させて軽量高速化しているように見えます。

サーチスペルが16枚、自然との融和で1ターン目から探しに行ける。3ターンキルの確率もかなり高そう。

モダンで広く知られるコンボデッキと言えど、人によって調整は大きく変わるものですね。

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント