舞台照らし4枚! 新型の赤単フェニックスがmo5-0! (2019年1月22日)

さっそく新カードが使われているので紹介します。実質1マナ2ドロー!

デッキリストはhttps://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/competitive-modern-constructed-league-2019-01-22より

プレイヤー:GEREFFI デッキ:アークライトレッド

クリーチャー(12)
4 弧光のフェニックス/Arclight Phoenix
4 僧院の速槍/Monastery Swiftspear
4 損魂魔道士/Soul-Scar Mage

ソーサリー(16)
4 信仰無き物あさり/Faithless Looting
4 溶岩の撃ち込み/Lava Spike
4 舞台照らし/Light Up the Stage
4 批判家刺殺/Skewer the Critics

インスタント(14)
4 はらわた撃ち/Gut Shot
1 稲妻の斧/Lightning Axe
4 稲妻/Lightning Bolt
4 魔力変/Manamorphose
1 欠片の飛来/Shard Volley

土地(18)
18 山/Mountain
60 Cards

サイドボード(15)
1 稲妻の斧/Lightning Axe
2 削剥/Abrade
2 騒乱の歓楽者/Bedlam Reveler
1 血染めの月/Blood Moon
1 凶兆艦隊の向こう見ず/Dire Fleet Daredevil
3 ドラゴンの爪/Dragon’s Claw
4 貪欲な罠/Ravenous Trap
1 外科的摘出/Surgical Extraction

実質的に1マナ2ドローと言える舞台照らし

キャストできるスペルの数が増えるわけで、確かに弧光のフェニックスとは相性抜群。さらに僧院の速槍&損魂魔道士が持つ果敢とも噛み合います

今まで青赤系のフェニックスデッキが多かったのは青の優良ドロースペルも大きな理由。しかし、赤いスペルで1マナ2ドローができるなら赤単タイプも再び増えるかも。

また本リストだと、はらわた撃ちがさらに便利。0マナで絢爛を達成できるので1ターン目から絢爛舞台照らしなんて動きも可能。あまり強い動きじゃなさそうだけど、土地事故の回避には使えるテクニックでは。プレイしてもよい、なので土地も置けます。

はらわた撃ちに合わせて批判家刺殺も採用。これも実質1マナ3点火力。

実質1マナの強スペルが2種8枚も追加、これからのモダンでは赤単色のデッキも十分な選択肢になりそうです。

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント