ナーセット一日のやり直しコンボがmo5-0! (2019年5月10日)

新しいデッキが生まれていたので紹介します。相手だけアド損!

デッキリストはhttps://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/competitive-modern-constructed-league-2019-05-10より

プレイヤー:CORYL101 デッキ:青黒一日のやり直し?

プレインズウォーカー(4)
4 覆いを割く者、ナーセット/Narset, Parter of Veils

クリーチャー(10)
4 知識の仲買人/Lore Broker
3 概念泥棒/Notion Thief
3 ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique

ソーサリー(4)
4 一日のやり直し/Day’s Undoing

インスタント(20)
2 徴用/Commandeer
1 暗記+記憶/Commit+Memory
4 撹乱する群れ/Disrupting Shoal
2 差し戻し/Remand
3 応じ返し/Snapback
3 呪文貫き/Spell Pierce
2 呪文嵌め/Spell Snare
2 非実体化/Unsubstantiate
1 蒸気の絡みつき/Vapor Snag

アーティファクト(4)
4 霧脈の境界石/Mistvein Borderpost

土地(18)
1 爆発域/Blast Zone
1 ガイアー岬の療養所/Geier Reach Sanitarium
9 島/Island
1 海の中心、御心/Mikokoro, Center of the Sea
4 汚染された三角州/Polluted Delta
2 湿った墓/Watery Grave
60 Cards

サイドボード(15)
2 爆発域/Blast Zone
1 概念泥棒/Notion Thief
2 徴用/Commandeer
1 呪文貫き/Spell Pierce
2 夢を引き裂く者、アショク/Ashiok, Dream Render
2 岸の飲み込み/Engulf the Shore
3 大祖始の遺産/Relic of Progenitus
2 漂流自我/Unmoored Ego

キーパーツになっているのは覆いを割く者、ナーセット概念泥棒

どちらも相手の追加ドローを制限できます。そこで噛み合うのが知識の仲買人一日のやり直し

ナーセットを置いた後に使えれば爆アド。

知識の仲買人:相手のドローステップに起動して実質インスタント手札破壊
一日のやり直し:自分は7枚引きつつ、相手は1枚だけドロー。ハンド差6枚。

相手はカードが引けないので、結果的には手札破壊として機能しますね。

また他の部分を見ると徴用・撹乱する群れ・応じ返しとピッチスペルが非常に多く採用されているのも興味深いところ。

・このデッキは相手の手札に対する妨害力は高いが、着地されたパーマネントは触りにくい。序盤から徹底的にカウンターする必要がある
・序盤にカードを投げ捨ててもコンボが決まればハンド差は回収できる
・コンボがそろってない状態で一日のやり直しを撃つと、普通は相手が先に動いて不利になるが、ピッチスペルがあれば即座に対応可能

こういう判断でしょう。確かに相性抜群。ナーセット+一日のやり直し、という一見すると電波ネタにしか見えない動きを実用レベルまで高めている見事な戦術では。

自分だけドロー・ピッチスペル、ドヤ顔できそうなシーンが多く使っていて楽しそうなデッキです。

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント