現出タイプの青黒エルドラージがMODERN CHALLENGE4位入賞!(2019年1月20日)

個性的なデッキが結果を出していたので紹介します。出せれば強力!

デッキリストはhttps://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/modern-challenge-2019-01-20より

プレイヤー:SHEASTRAUSMAN デッキ:青黒現出エルドラージ

クリーチャー(28)
2 甚だしい大口/Abundant Maw
1 膨らんだ意識曲げ/Distended Mindbender
4 老いたる深海鬼/Elder Deep-Fiend
4 空中生成エルドラージ/Eldrazi Skyspawner
4 永遠の災い魔/Eternal Scourge
4 作り変えるもの/Matter Reshaper
4 現実を砕くもの/Reality Smasher
4 難題の予見者/Thought-Knot Seer
1 不憫なグリフ/Wretched Gryff

インスタント(4)
3 四肢切断/Dismember
1 歪める嘆き/Warping Wail

アーティファクト(6)
2 虚空の杯/Chalice of the Void
4 血清の粉末/Serum Powder

土地(22)
4 魂の洞窟/Cavern of Souls
4 エルドラージの寺院/Eldrazi Temple
3 宝石の洞窟/Gemstone Caverns
2 ウギンの聖域/Sanctum of Ugin
1 冠雪の島/Snow-Covered Island
4 手付かずの領土/Unclaimed Territory
4 地底の大河/Underground River
60 Cards

サイドボード(15)
1 ウギンの聖域/Sanctum of Ugin
2 膨らんだ意識曲げ/Distended Mindbender
1 虚空の杯/Chalice of the Void
1 歪める嘆き/Warping Wail
1 全ては塵/All Is Dust
1 終末を招くもの/Endbringer
4 虚空の力線/Leyline of the Void
3 漸増爆弾/Ratchet Bomb
1 次元の歪曲/Spatial Contortion

モダンで大きな存在感を持つクリーチャー部族エルドラージ、しかし本リストで採用されているのは今までめったに使われてこなかったメンバー。

唱えた時に誘発する能力と、現出(げんしゅつ)というキーワードを持つのが特徴。

特に老いたる深海鬼は強力。瞬足なのでインスタントタイミングでキャスト可能。アップキープに土地を縛ってコンボ妨害、エンドに相手のクリーチャーをタップしてこちらのフルパンチを通すなど攻守両面で活躍できます。本体も5/6なのでアンコウなどを乗り越えられる力強さ。

一見、現出エルドラージたちは7~8マナと重すぎる印象。しかしエルドラージの寺院を経由して2ターン目に3マナクリチャーを出せれば、それを生け贄として最速3ターン目にはキャスト可能。また長期戦になれば素出しも狙えるはずで、そうなれば超コストパフォーマンスに。

このほか、永遠の災い魔を宝石の洞窟&血清の粉末によって開幕追放するギミックも搭載。そして土地を見ると魂の洞窟+手付かずの領土。エルドラージ系デッキとしては珍しい印象だけど、現出には色マナが要求されるため意外と有色マナが重要なデッキの様子。

独特な能力と高いp/tを持つカードが多いエルドラージたち。定番のメンバー以外もあなどれない強さがあるようです。

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント