緑白土地カンパニーがmo5-0! (2019年1月18日)

ちょっと珍しいデッキが勝っていたので紹介します。土地を攻める!

デッキリストはhttps://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/competitive-modern-constructed-league-2019-01-18より

プレイヤー:UEGJO  デッキ:緑白土地カンパニー

クリーチャー(28)
1 迷える探求者、梓/Azusa, Lost but Seeking
4 極楽鳥/Birds of Paradise
4 クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix
1 永遠の証人/Eternal Witness
1 秋の騎士/Knight of Autumn
4 聖遺の騎士/Knight of the Reliquary
1 ラノワールのエルフ/Llanowar Elves
4 貴族の教主/Noble Hierarch
2 ラムナプの採掘者/Ramunap Excavator
2 漁る軟泥/Scavenging Ooze
2 不屈の追跡者/Tireless Tracker
2 復活の声/Voice of Resurgence

インスタント(9)
4 集合した中隊/Collected Company
1 ドロモカの命令/Dromoka’s Command
4 流刑への道/Path to Exile

土地(23)
1 ボジューカの沼/Bojuka Bog
1 繁殖池/Breeding Pool
1 廃墟の地/Field of Ruin
5 森/Forest
1 ガヴォニーの居住区/Gavony Township
2 幽霊街/Ghost Quarter
1 地平線の梢/Horizon Canopy
1 平地/Plains
1 地盤の際/Tectonic Edge
2 寺院の庭/Temple Garden
4 吹きさらしの荒野/Windswept Heath
3 樹木茂る山麓/Wooded Foothills
60 Cards

サイドボード(15)
2 秋の騎士/Knight of Autumn
1 神聖な協力/Blessed Alliance
2 弁論の幻霊/Eidolon of Rhetoric
1 太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun’s Champion
1 仕組まれた爆薬/Engineered Explosives
1 否認/Negate
1 生命の力、ニッサ/Nissa, Vital Force
2 石のような静寂/Stony Silence
1 外科的摘出/Surgical Extraction
2 統一された意思/Unified Will
1 崇拝/Worship

海外では「value town」と呼ばれるアーキタイプ。特徴的なのがラムナプの採掘者を採用すること。

フェッチランドと組み合わせるだけで実質的なアドバンテージになりますが、土地破壊のできる土地と組み合わせるとさらに強烈。

モダンは特殊土地に頼るデッキが多く、くり返し起動できれば相手のマナ基盤はボロボロ。

他にはクルフィックスの狩猟者もvalue town以外では見かけないクリーチャーでしょうか。ラムナプの採掘者と相性が良く同時に並べば大量のライフを得られます。

また、これらの土地再利用ギミックに頼らずともマナクリーチャー&集合した中隊から高速横展開するだけで十分な攻撃力があるのも本アーキタイプの強み。ラムナプの採掘者・クルフィックスの狩猟者、両方とも最低限のパワータフネスはある。クリーチャーがコンボパーツだと除去されやすいけど、代わりに単体でも機能するのは大きなメリット。

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント