2種類の主席議長ヴァニファールデッキがmo5-0! (2019年1月25日)

新しいデッキが登場していたので紹介します。連続サーチから即死!

デッキリストは両方ともhttps://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/competitive-modern-constructed-league-2019-01-25より

スポイラー公開直後から注目を集めていた主席議長ヴァニファール

近い性能を持つ出産の殻はモダンで禁止指定されるほどの強カード。その能力を受け継いでいるのだから結果を出すのも納得です。

プレイヤー:ZXROGUE デッキ:ティムールヴァニファール

プレインズウォーカー(1)
1 精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor

クリーチャー(29)
4 極楽鳥/Birds of Paradise
3 跳ねる混成体/Bounding Krasis
2 水跳ねの海馬/Breaching Hippocamp
2 とぐろ巻きの巫女/Coiling Oracle
1 永遠の証人/Eternal Witness
2 鏡割りのキキジキ/Kiki-Jiki, Mirror Breaker
1 月の大魔術師/Magus of the Moon
3 貴族の教主/Noble Hierarch
4 首席議長ヴァニファール/Prime Speaker Vannifar
2 漁る軟泥/Scavenging Ooze
1 スクリブのレインジャー/Scryb Ranger
2 不屈の追跡者/Tireless Tracker
1 森林の怒声吠え/Woodland Bellower
1 士気溢れる徴集兵/Zealous Conscripts

ソーサリー(4)
2 異界の進化/Eldritch Evolution
2 死後の一突き/Postmortem Lunge

インスタント(3)
3 召喚の調べ/Chord of Calling

土地(23)
2 繁殖池/Breeding Pool
3 森/Forest
2 燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows
2 島/Island
4 霧深い雨林/Misty Rainforest
2 沸騰する小湖/Scalding Tarn
1 蒸気孔/Steam Vents
2 踏み鳴らされる地/Stomping Ground
1 寺院の庭/Temple Garden
4 樹木茂る山麓/Wooded Foothills
60 Cards

サイドボード(15)
2 不屈の追跡者/Tireless Tracker
2 削剥/Abrade
1 古の遺恨/Ancient Grudge
1 なだれ乗り/Avalanche Riders
2 血染めの月/Blood Moon
1 エレンドラ谷の大魔導師/Glen Elendra Archmage
1 イゼットの静電術師/Izzet Staticaster
2 台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks
1 再利用の賢者/Reclamation Sage
1 大祖始の遺産/Relic of Progenitus
1 スラーグ牙/Thragtusk

プレイヤー:RYZARU デッキ:4cヴァニファール

クリーチャー(32)
4 極楽鳥/Birds of Paradise
1 詐欺師の総督/Deceiver Exarch
1 拘留代理人/Deputy of Detention
1 永遠の証人/Eternal Witness
1 エレンドラ谷の大魔導師/Glen Elendra Archmage
2 鏡割りのキキジキ/Kiki-Jiki, Mirror Breaker
1 台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks
4 貴族の教主/Noble Hierarch
4 主席議長ヴァニファール/Prime Speaker Vannifar
1 改革派の結集者/Renegade Rallier
4 修復の天使/Restoration Angel
1 漁る軟泥/Scavenging Ooze
1 スクリブのレインジャー/Scryb Ranger
2 復活の声/Voice of Resurgence
3 根の壁/Wall of Roots
1 士気溢れる徴集兵/Zealous Conscripts

インスタント(6)
4 召喚の調べ/Chord of Calling
2 流刑への道/Path to Exile

土地(22)
2 繁殖池/Breeding Pool
1 火の灯る茂み/Fire-Lit Thicket
2 平地/Forest
2 燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows
1 山賊の頭の間/Hall of the Bandit Lord
1 神聖なる泉/Hallowed Fountain
1 平地/Plains
1 聖なる鋳造所/Sacred Foundry
2 踏み鳴らされる地/Stomping Ground
1 寺院の庭/Temple Garden
4 吹きさらしの荒野/Windswept Heath
4 樹木茂る山麓/Wooded Foothills
60 Cards

サイドボード(15)
2 流刑への道/Path to Exile
1 弁論の幻霊/Eidolon of Rhetoric
2 焦熱の裁き/Fiery Justice
2 残骸の漂着/Settle the Wreckage
2 石のような静寂/Stony Silence
3 統一された意思/Unified Will
1 太陽と月の輪/Wheel of Sun and Moon
2 崇拝/Worship

今回紹介する2つのリスト、基本的な構造は同じと言えます。

詐欺師の総督・跳ねる混成体などのアンタップするEtB能力を持つクリーチャーを使ってヴァニファールを連続起動。最終的にはキキジキからの即死コンボを狙う戦略。

ヴァニファールをアンタップさせるカードが、キキジキとの無限速攻トークンのパーツを兼ねるため一石二鳥。

そして特に注目すべきは2デッキともスクリブのレインジャーを採用している点。

2マナ域でアンタップ能力を持つクリーチャーは貴重であり

1マナクリーチャーをヴァニファールで生け贄→スクリブのレインジャーが場に出てアンタップ→改革派の結集者or永遠の証人でスクリブのレインジャー再利用……

と動いていくと、1マナクリーチャー1体から即死コンボを成立可能。ヴァニファール+他のクリーチャーが1体いるだけで即死、対戦相手としては油断できません。

またキキジキは、跳ねる混成体・水跳ねの海馬・士気溢れる徴集兵・詐欺師の総督・修復の天使など多くのクリーチャーと即死コンボが成立。ヴァニファールを経由しなくても手札から場にそろえるだけで即死を狙えるのは強い部分。

実装直後から新たなデッキを誕生させたヴァニファール。このままモダン環境に定着していくのか、要注目です。

みんなの感想

  1. 匿名 より:

    管理人のヴァニファール奮闘気の続編も楽しみにしてますよ!

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント