リアニメイト型ロームデッキがmo5-0! (2018年8月28日)

珍しい戦略のデッキが勝っていたので紹介します。コンボパーツを墓地に集めろ!

デッキリストはhttps://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/competitive-modern-constructed-league-2018-08-28より

プレイヤー:SAMURAIFUNN デッキ:リアニメイト型ローム

クリーチャー(15)
1 怒れる腹音鳴らし/Borborygmos Enraged
1 大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite
1 エメリアの盾、イオナ/Iona, Shield of Emeria
4 ナルコメーバ/Narcomoeba
4 臭い草のインプ/Stinkweed Imp
4 縫い師への供給者/Stitcher’s Supplier

ソーサリー(20)
1 安堵の再会/Cathartic Reunion
2 燃焼/Conflagrate
4 信仰無き物あさり/Faithless Looting
4 浄土からの生命/Life from the Loam
4 未練ある魂/Lingering Souls
1 根囲い/Mulch
1 カラスの罪/Raven’s Crime
3 掘葬の儀式/Unburial Rites

インスタント(1)
1 暗黒破/Darkblast

土地(24)
2 血の墓所/Blood Crypt
2 血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire
1 廃墟の地/Field of Ruin
1 森/Forest
2 宝石高山/Gemstone Mine
1 幽霊街/Ghost Quarter
1 山/Mountain
1 草生した墓/Overgrown Tomb
1 平地/Plains
2 聖なる鋳造所/Sacred Foundry
2 踏み鳴らされる地/Stomping Ground
1 沼/Swamp
1 寺院の庭/Temple Garden
2 ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth
4 樹木茂る山麓/Wooded Foothills
60 Cards

 

サイドボード(15)
1 カラスの罪/Raven’s Crime
4 断片化/Fragmentize
1 業火のタイタン/Inferno Titan
2 コジレックの審問/Inquisition of Kozilek
4 虚空の力戦/Leyline of the Void
1 魔術望遠鏡/Sorcerous Spyglass
2 石のような静寂/Stony Silence

墓地肥やしと土地回収が同時にできる強力カード、壌土からの生命(通称:ローム)。

本リストは土地回収に注目したロームデッキと、より墓地肥やしに重点を置いたドレッジデッキの融合だと言えるのでは。

それをつないでいるのが掘葬の儀式。

やっぱり、墓地から使えるリアニメイト呪文はとても便利。発掘・ルーティングによって墓地を肥やしながら壌土からの生命で土地を伸ばす。そして4マナまで行けたら掘葬の儀式でフィニッシャーを場に出していくと。

墓地肥やしカードとしては基本セット2019から縫い師への供給者も参入。1マナで3枚、超優秀です。

吊り上げる用のファッティは「怒れる腹音鳴らし」「大修道士、エリシュ・ノーン」「エメリアの盾、イオナ」の3枚。

どれもリアニメイト系デッキでは定番、実績ある強力カード。出れば派手に勝負を決めてくれるでしょう。

モダンではリアニメイトデッキの利用者は少なめ。墓地対策が刺さるのはもちろん、釣り竿とファッティを上手くそろえるのが問題点。両方が噛み合わないと意味がない。

その点、このデッキはライブラリーを墓地に叩き落としていけば自然にそろうのが利点。相手に対策されなければ4ターン目に掘葬の儀式フラッシュバックが安定してできそう。ファッティが手札に来てもルーティングで無問題。

リアニメイト戦略としてはかなり完成度の高そうなリストです。

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント