崇高な工匠、サヒーリ4枚! 新型マルドゥパイロマンサーがmo5-0! (2019年5月21日)

新カードが採用されているので紹介します。トークン生成!

デッキリストはhttps://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/competitive-modern-constructed-league-2019-05-21より

プレイヤー:LILIANAOFTHEVESS デッキ:マルドゥサヒーリ?

プレインズウォーカー(5)
1 オルゾフの簒奪者、ケイヤ/Kaya, Orzhov Usurper
4 崇高な工匠、サヒーリ/Saheeli, Sublime Artificer

クリーチャー(3)
3 騒乱の歓楽者/Bedlam Reveler

ソーサリー(16)
1 アングラスの暴力/Angrath’s Rampage
1 集団的蛮行/Collective Brutality
4 信仰無き物あさり/Faithless Looting
4 コジレックの審問/Inquisition of Kozilek
3 未練ある魂/Lingering Souls
3 思考囲い/Thoughtseize

インスタント(7)
2 致命的な一押し/Fatal Push
4 稲妻/Lightning Bolt
1 稲妻のらせん/Lightning Helix

アーティファクト(6)
4 ミシュラのガラクタ/Mishra’s Bauble
2 ルーン唱えの長槍/Runechanter’s Pike

エンチャント(2)
2 血染めの月/Blood Moon

土地(21)
4 黒割れの崖/Blackcleave Cliffs
2 血の墓所/Blood Crypt
4 血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire
4 湿地の干潟/Marsh Flats
2 山/Mountain
1 平地/Plains
2 聖なる鋳造所/Sacred Foundry
2 沼/Swamp
60 Cards

サイドボード(15)
1 アングラスの暴力/Angrath’s Rampage
1 血染めの月/Blood Moon
1 集団的蛮行/Collective Brutality
1 オルゾフの簒奪者、ケイヤ/Kaya, Orzhov Usurper
2 神々の憤怒/Anger of the Gods
2 減衰球/Damping Sphere
4 虚空の力線/Leyline of the Void
2 真髄の針/Pithing Needle
1 摩耗+損耗/Wear+Tear

基本的なデッキ構成はマルドゥパイロマンサー。しかし、若き紅蓮術士(Young Pyromancer)が不採用で代わりに崇高な工匠、サヒーリ4枚。パイロマンサーデッキと呼べないのでマルドゥサヒーリ?

比較すると、デメリットは

・3マナ
・伝説なので並べられない

メリットは

・クリーチャー除去が当たらない
・トークンを出せる範囲が広い

スペルで除去されにくいので場持ちは良くなっていそう。自分の撃つ全体除去も当たらないのでサイドの構成にも影響するのでは。

また、アーティファクトが採用できるのもサヒーリに変更したからこそ。

特にルーン唱えの長槍は渋いカード。スペルの多い構成なので+5ぐらいは狙えるはず。サヒーリの-2でトークンをルーン唱えの長槍に変身させることで、瞬間的に高い打点を叩き出す奇襲も可能。

若き紅蓮術士と並べるのではなく、あえてサヒーリだけにすることで新しい構築を生み出す。マルドゥ系デッキの新定番になるのか今後が気になります。

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント