舞台照らし4枚! 赤単バーンがmo5-0! (2019年4月13日)

意外に見ない構築が勝っていたので紹介します。超シンプル!

デッキリストはhttps://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/competitive-modern-constructed-league-2019-04-12より

プレイヤー:COLIOBEWARE  デッキ:赤単バーン

クリーチャー(12)
4 大歓楽の幻霊/Eidolon of the Great Revel
4 ゴブリンの先達/Goblin Guide
4 僧院の速槍/Monastery Swiftspear

ソーサリー(16)
4 溶岩の撃ち込み/Lava Spike
4 舞台照らし/Light Up the Stage
4 裂け目の稲妻/Rift Bolt
4 批判化刺殺/Skewer the Critics

インスタント(14)
4 稲妻/Lightning Bolt
4 焼尽の猛火/Searing Blaze
2 欠片の飛来/Shard Volley
4 頭蓋割り/Skullcrack

土地(18)
18 山/Mountain
60 Cards

サイドボード(15)
2 ドラゴンの爪/Dragon’s Claw
2 極上の炎技/Exquisite Firecraft
1 危険因子/Risk FactorRisk Factor
4 灼熱の血/Searing Blood
3 粉々/Smash to Smithereens
3 トーモッドの墓所/Tormod’s Crypt

モダンで「赤いデッキ」の代表格であるバーン。しかし、実際には赤白or赤白緑がほとんど。赤単の本リストはなかなかの個性派でしょう。

赤単色だとボロスの魔除け・稲妻のらせんが使えません。それゆえ60枚の枠を埋めるのが難しかったのですが、そこに『ラヴニカの献身』から舞台照らし批判化刺殺が登場。赤単色でも使える2種8枚の優良スペルが加わったことで赤単バーンも形になりやくなったと言えます。

また最近の赤白バーンでは2枚採用が多い頭蓋割りをメインから4枚投入。

トロンのワームとぐろエンジン・ドレッジの忍び寄る恐怖などに合わせられればメインでも回復禁止が役に立つ場面もありそう。

新セットが発売されるたびに単色で使える強力カードも新登場、モダンのカードプールが広がっていくと強い単色デッキが増えてくるかも知れません。

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント