赤単ゴブリンがmo5-0! (2018年10月2日)

珍しいデッキが勝っていたので紹介します。みんなで殴れ!

デッキリストはhttps://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/competitive-modern-constructed-league-2018-10-02より

プレイヤー:DRUMOGG デッキ:赤単ゴブリン

クリーチャー(33)
4 鋳造所通りの住人/Foundry Street Denizen
4 ゴブリンの奇襲隊/Goblin Bushwhacker
2 ゴブリンの酋長/Goblin Chieftain
4 ゴブリンの先達/Goblin Guide
1 ゴブリンの踵裂き/Goblin Heelcutter
3 ゴブリンの群衆追い/Goblin Piledriver
4 軍勢の忠節者/Legion Loyalist
3 モグの狂信者/Mogg Fanatic
4 モグの戦争司令官/Mogg War Marshal
4 無謀な奇襲隊/Reckless Bushwhacker

ソーサリー(4)
4 ゴブリンの手投げ弾/Goblin Grenade

インスタント(4)
4 稲妻/Lightning Bolt

土地(19)
1 魂の洞窟/Cavern of Souls
18 山/Mountain
60 Cards

サイドボード(15)
1 血染めの月/Blood Moon
2 ドラゴンの爪/Dragon’s Claw
1 ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemaster
1 墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage
1 現実の流出/Reality Hemorrhage
2 大祖始の遺産/Relic of Progenitus
2 破壊放題/Shattering Spree
2 頭蓋割り/Skullcrack
2 粉々/Smash to Smithereens
1 トーモッドの墓所/Tormod’s Crypt

少しづつカードが追加されてきて、モダンでもいろいろなゴブリンデッキが組めるようになってきました。その中でも、本リストは1番軽量かつシンプルな方向性ですね。赤単の高速アグロ! クリーチャーを並べてゴブリンの奇襲隊&無謀な奇襲隊でダメージを加速。理想的に回れば、しっかり3ターンキルできる構成。

いわゆるロードは2枚のゴブリンの酋長だけ。ゴブリンで統一する主な目的はゴブリンの群衆追いとゴブリンの手投げ弾に見えます。

ゴブリンデッキにおける群衆追いは2マナでパワー5以上を余裕で狙える超性能アタッカー。ゴブリンの手投げ弾は生け贄が必要とはいえ驚異の1マナ5点火力! アタック後のクリーチャーを使えば無駄がなく、最後の詰めとして非常に優秀。2枚あればそれだけで10点! 両方とも専用デッキを組んででも使いたくなる魅力がありますよね。

モダンではエルフ・マーフォークと比べて影が薄かったゴブリンだけど、カードが増えるとともにさまざまな構築が試されているようです。

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント