改良型ドレッジがModern Challenge3位入賞! 這い寄る恐怖を4枚採用! (2018年9月30日) 

新しいカードが活躍していたので紹介します。より攻撃的に!

デッキリストはhttps://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/modern-challenge-2018-09-30より

プレイヤー:YAMAKILLER デッキ:ドレッジ

クリーチャー(18)
4 恐血鬼/Bloodghast
2 ゴルガリの凶漢/Golgari Thug
4 ナルコメーバ/Narcomoeba
4 秘蔵の縫合体/Prized Amalgam
4 臭い草のインプ/Stinkweed Imp

ソーサリー(19)
4 安堵の再会/Cathartic Reunion
3 燃焼/Conflagrate
4 這い寄る恐怖/Creeping Chill
4 信仰無き物あさり/Faithless Looting
4 壌土からの生命/Life from the Loam

アーティファクト(4)
4 叫び角笛/Shriekhorn

土地(19)
2 血の墓所/Blood Crypt
3 血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire
1 真鍮の都/City of Brass
4 銅線の地溝/Copperline Gorge
1 宝石鉱山/Gemstone Mine
2 山/Mountain
4 沸騰する小湖/Scalding Tarn
2 踏み鳴らされる地/Stomping Ground
60 Cards

サイドボード(15)
3 古えの遺恨/Ancient Grudge
2 暗黒破/Darkblast
3 稲妻の斧/Lightning Axe
4 自然の要求/Nature’s Claim
3 思考囲い/Thoughtseize

2018年9月28日からmo上で解禁されたセット、ラヴニカのギルド。その中に特殊な効果を持つカードがありました。

Creeping Chill / 這い寄る恐怖 (3)(黒)
ソーサリー
這い寄る恐怖は各対戦相手にそれぞれ3点のダメージを与え、あなたは3点のライフを得る。
這い寄る恐怖があなたのライブラリーからあなたの墓地に置かれたとき、あなたはこれを追放してもよい。そうしたなら、這い寄る恐怖は各対戦相手にそれぞれ3点のダメージを与え、あなたは3点のライフを得る。

悪用しろって書いてありますね! このカードを4枚採用したドレッジが、Modern Challengeにおいて3位と6位に入賞しています。上位に2つとなると、ただのまぐれではないのでは。デッキを回転させるだけで3点ドレインが誘発! 3点は勝負に影響を与える数字ですよ。4枚とも誘発させられば、それだけで12点も削れる。

既存のリストと比べると、代わりに苦しめる声・暗黒破などが抜かれている様子。

これらを這い寄る恐怖に入れ替えることで、より攻撃的なデッキになっています。特に暗黒破はコントロール・ノンクリーチャーデッキを相手にすると腐るカードでしたからね。無駄が減りメインでのブン回り力はさらに上がっていると。

相手にクリーチャーを出されて戦線を固められても最後の3点を直接削ったり、ドレインで回復できるので殴り合いになったときも有利に立てそう。まぁ手札に来ると腐りますが、そこはご愛敬。

ドレッジは特殊なデッキゆえ、強化パーツになりそうなカードも珍しいけれど……上手く使えそうな物が来てしまいました。新しい定番リストになるのか、要注目でしょう。

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント