1マナクリーチャー3種! 新型マーフォークがMODERN CHALLENGE入賞! (2019年3月31日)

意外な構築が結果を出していたので紹介します。全部入れる!

デッキリストはhttps://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/modern-challenge-2019-03-31より

プレイヤー:MOTOWN123 デッキ:マーフォーク

クリーチャー(28)
4 水底の生術師/Benthic Biomancer
2 呪い捕らえ/Cursecatcher
4 アトランティスの王/Lord of Atlantis
4 真珠三叉矛の達人/Master of the Pearl Trident
4 マーフォークのペテン師/Merfolk Trickster
4 メロウの騎兵/Merrow Reejerey
2 霧の呼び手/Mistcaller
4 銀エラの達人/Silvergill Adept

インスタント(8)
4 謎めいた命令/Cryptic Command
2 呪文貫き/Spell Pierce
2 蒸気の絡みつき/Vapor Snag

アーティファクト(3)
3 霊気の薬瓶/Aether Vial

土地(21)
15 島/Island
2 変わり谷/Mutavault
4 ワンダーワインの分岐点/Wanderwine Hub
60 Cards

サイドボード(15)
3 四肢切断/Dismember
2 残響する真実/Echoing Truth
2 墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage
2 大祖始の遺産/Relic of Progenitus
3 潮縛りの魔道士/Tidebinder Mage
3 魔術師の反駁/Wizard’s Retort

モダンマーフォークの1マナ域としては長らく呪い捕らえが使われてきましたが、ややカードパワー足りていない、という評価が多くありました。なので『ドミナリア』発売以降は霧の呼び手、さらに『ラブニカの献身』以降は水底の生術師が1マナ域として採用されるように。

しかし、3種類とも一長一短。それぞれに強い場面がある……だったら3種類とも入れてしまえばいいじゃん! という、意外と今までに無かった発想のリスト。1マナクリーチャーが8枚あるので、序盤の動きも安定していそう。

また、マーフォークの中で最近になって採用率が上がっているのが謎めいた命令。本リストでは4枚フル投入で、代わりに波使いが0枚。

波使いは驚異的な打点を持つものの、モダン環境においては少し遅いのが弱点。特に即死コンボ相手にはいまいち働きません。比較して謎めいた命令なら4ターン目からコンボ相手にはカウンター、ビートダウンにも全体タップとすぐに効果を発揮できます。

そして謎めいた命令の青青青を優先して、変わり谷が2枚だけなのも珍しい調整。

マーフォークはモダンの部族デッキのなかでも最適構築が定まっておらず、プレイヤーごとに個性が出やすい印象です。

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント