貴族の教主! アブザンがmo5-0! (2019年3月12日)

最近では珍しいデッキが勝っていたので紹介します。白の強カード!

デッキリストはhttps://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/competitive-modern-constructed-league-2019-03-12より

プレイヤー:DOOMSLAYERS デッキ:アブザン

プレインズウォーカー(5)
4 ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil
1 最後の希望、リリアナ/Liliana, the Last Hope

クリーチャー(14)
2 先頭に立つもの、アナフェンザ/Anafenza, the Foremost
2 残忍な剥ぎ取り/Grim Flayer
3 貴族の教主/Noble Hierarch
2 漁る軟泥/Scavenging Ooze
4 タルモゴイフ/Tarmogoyf
1 不屈の追跡者/Tireless Tracker

ソーサリー(11)
1 集団的蛮行/Collective Brutality
3 コジレックの審問/Inquisition of Kozilek
3 未練ある魂/Lingering Souls
1 大渦の脈動/Maelstrom Pulse
3 思考囲い/Thoughtseize

インスタント(8)
2 突然の衰微/Abrupt Decay
1 喪心/Cast Down
1 四肢切断/Dismember
4 致命的な一押し/Fatal Push

土地(22)
4 花盛りの湿地/Blooming Marsh
1 森/Forest
1 神無き祭殿/Godless Shrine
3 湿地の干潟/Marsh Flats
2 草生した墓/Overgrown Tomb
3 乱脈な気孔/Shambling Vent
2 沼/Swamp
1 寺院の庭/Temple Garden
4 新緑の地下墓地/Verdant Catacombs
1 吹きさらしの荒野/Windswept Heath
60 Cards

サイドボード(15)
1 集団的蛮行/Collective Brutality
1 大渦の脈動/Maelstrom Pulse
1 減衰球/Damping Sphere
3 大爆発の魔導士/Fulminator Mage
1 墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage
1 ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet
2 虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb
2 石のような静寂/Stony Silence
3 外科的摘出/Surgical Extraction

最近のBG系としてやや珍しいのが貴族の教主を採用している点。

マナ加速は単純に便利。2ターン目にヴェールのリリアナを叩きつければ、たいていのデッキに有利を取れるはず。また賛美は地味に見えて戦闘に大きな影響力。例えばタルモゴイフ同士の殴り合いで確実に勝てるようになります。

そして先頭に立つもの、アナフェンザは環境に合ったクリーチャー。

墓地対策の範囲が広く、「いずれかの領域から」なので手札・ライブラリーから直接墓地に行くパターンでも置換して追放。3マナだけど貴族の教主から2ターン目にキャスト可能、早期に着地すれば墓地利用アグロを封殺できるのでは。

また白黒だからこそのカードとして乱脈な気孔も重要。

絆魂によって回復可能、特にバーンデッキに対するブロッカーとして活躍できるスペック。

逆に白の定番除去である流刑への道が不採用なのは興味深いところ。確かにデメリットも大きく、序盤に土地加速させるのは危険。そこを重く見た形でしょうか?

古くからの定番デッキであっても、使用者によって調整が違い個性が出ますね。

みんなの感想

  1. 匿名 より:

    寺院の庭/Godless Shrineの部分が、神無き祭殿/Godless Shrineの間違いかと…

    • 管理人「イマ猫」 より:

      修正しました! 報告助かります
      ミスが無くならず申し訳ありません……

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント