密輸人の回転翼機4枚! 白黒ビードダウンがMODERN FINALS入賞!(2019年1月7日)

個性的なデッキが結果を出していたので紹介します。スタン禁止は伊達じゃない!

デッキリストはhttps://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/modern-finals-2019-01-07より

ユーザー:URSAMAJOR デッキ:黒白ビートダウン

プレインズウォーカー(3)
3 ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil

クリーチャー(15)
2 恐血鬼/Bloodghast
4 戦慄の放浪者/Dread Wanderer
4 墓所這い/Gravecrawler
1 ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet
4 潮の虚ろの漕ぎ手/Tidehollow Sculler

ソーサリー(11)
2 集団的蛮行/Collective Brutality
2 コジレックの審問/Inquisition of Kozilek
4 未練ある魂/Lingering Souls
3 思考囲い/Thoughtseize

インスタント(5)
3 致命的な一押し/Fatal Push
2 流刑への道/Path to Exile

アーティファクト(4)
4 密輸人の回転翼機/Smuggler’s Copter

土地(22)
2 血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire
4 秘密の中庭/Concealed Courtyard
2 神無き祭殿/Godless Shrine
1 湿地の干潟/Marsh Flats
3 変わり谷/Mutavault
2 汚染された三角州/Polluted Delta
2 乱脈な気孔/Shambling Vent
3 沼/Swamp
2 ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth
1 新緑の地下墓地/Verdant Catacombs
60 Cards

サイドボード(15)
1 ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet
1 致命的な一押し/Fatal Push
1 流刑への道/Path to Exile
1 苦渋の破棄/Anguished Unmaking
2 滅び/Damnation
3 大爆発の魔導士/Fulminator Mage
1 配分の領事、カンバール/Kambal, Consul of Allocation
1 戦争の報い、禍汰奇/Kataki, War’s Wage
1 衰滅/Languish
3 外科的摘出/Surgical Extraction

アタッカーとなるのは墓地から復活できるクリーチャーたち。単体で使っても粘り強い攻撃が可能。

さらに、これらと噛み合うのが密輸人の回転翼機

戦闘に参加するたびにルーティング、墓地から場に戻せるクリーチャーを捨てれば実質的に1ドロー。加えて小型ゆえにブロッカーを出されると止まりやすい自軍のクリーチャーを飛行アタッカーに変換可能でき、アグロデッキとしての攻撃性能も上昇。さすがにスタンダード禁止を受けたカードはモダンでも通用しますね。

そして白黒デッキの強力カードと言えば未練ある魂

カード1枚から1/1飛行トークンが4体、これだけで強い。攻守で大活躍。なおかつ墓地に捨ててもアドが取れるし、密輸人の回転翼機の搭乗役としてもぴったり。

潮の虚ろの漕ぎ手は直接的な墓地シナジーはないけど妨害しつつ殴って行ける便利なクリーチャー。

地味にゾンビなので墓所這いのサポートになるのも噛み合っています。

怒涛の勢いはないけどジワジワと絶え間なく削ってくる、相手にするとなかなか苦労しそうなデッキです。

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント