徴税人を採用した青白スピリットがmo5-0! (2019年1月22日)

新カードが使われていたので紹介します。死んでも強い!

デッキリストはhttps://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/competitive-modern-constructed-league-2019-01-22より

プレイヤー:ENIGMANJ デッキ:青白スピリット

クリーチャー(32)
4 ドラグスコルの隊長/Drogskol Captain
1 聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft
1 大いなる玻璃紡ぎ、綺羅/Kira, Great Glass-Spinner
4 霊廟の放浪者/Mausoleum Wanderer
1 ネベルガストの伝令/Nebelgast Herald
4 鎖鳴らし/Rattlechains
3 無私の霊魂/Selfless Spirit
4 呪文捕らえ/Spell Queller
2 迷宮の霊魂/Spirit of the Labyrinth
4 至高の幻影/Supreme Phantom
2 スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben
2 徴税人/Tithe Taker

インスタント(3)
3 流刑への道/Path to Exile

アーティファクト(4)
4 霊気の薬瓶/Aether Vial

土地(21)
4 溢れかえる岸辺/Flooded Strand
2 神聖なる泉/Hallowed Fountain
5 島/Island
1 ムーアランドの憑依地/Moorland Haunt
2 変わり谷/Mutavault
2 平地/Plains
3 金属海の沿岸/Seachrome Coast
2 手付かずの領土/Unclaimed Territory
60 Cards

サイドボード(15)
1 無私の霊魂/Selfless Spirit
1 徴税人/Tithe Taker
2 減衰球/Damping Sphere
1 残響する真実/Echoing Truth
2 弁論の幻霊/Eidolon of Rhetoric
2 立ちふさがる霊/Forbidding Spirit
1 断片化/Fragmentize
1 戦争の報い、禍汰奇/Kataki, War’s Wage
2 差し戻し/Remand
1 残骸の漂着/Settle the Wreckage
1 崇拝/Worship

新戦力は軽量ながら優秀な妨害能力を持つクリーチャー。

サリアと違い自ターン限定なのでコンボの邪魔などには向きませんが、特に自分の呪文をカウンターされにくくなるのは十分なメリット。

そしてクリーチャー・タイプは人間だけど、「死後」により死亡時に1/1飛行のスピリット・トークンを生成。アグロ相手なら2回使えるブロッカー、またコントロールの全体除去にも耐性あり。

加えてサイドの立ちふさがる霊も新カード。

1ターン限定とは言え、相手のアタックを大幅に抑制可能。ライフレースの計算をズレせます。またスピリットにしては3マナ3/3と大きいのも利点。ロードの支援を受ければ5/5ぐらいまでは育って頼りになりそう。

他の部分だと迷宮の霊魂も珍しい気が。

青赤フェニックス・青赤ストームなど、ドロー連打するデッキを封殺可能。メインから採用しているのは最近のメタを読んだ結果でしょう。

ジワジワと新カードが追加されているスピリット・クリーチャー。緑を使わない純正青白でも選択肢が増えてきています。

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント