スラーグ牙 ~戦場を離れたとき!?~

Thragtusk / スラーグ牙 (4)(緑)
クリーチャー — ビースト(Beast)
スラーグ牙が戦場に出たとき、あなたは5点のライフを得る。
スラーグ牙が戦場を離れたとき、緑の3/3のビースト(Beast)・クリーチャー・トークンを1体生成する。

5/3

採用デッキ:緑単トロンのサイドなど

個性的なテキストを持つビースト。戦場を離れたとき、3/3のトークンを生成する。「死亡したとき」ではないので追放除去を食らおうがバウンスで手札に戻っただけだろうがトークンが出る。条件緩すぎぃ!

モダンでファッティの人権を剥奪している流刑への道だって怖くない。むしろ、流刑への道を撃ってもらえるなら超絶爆アド。

基本的に、この「戦場を離れたとき」というテキストは一時的に何かを追放するパーマネントに対するデメリットとして付けられているもの。しかし、こいつは何故かメリット能力として持っている……なんで死亡誘発じゃないの? 謎。

EtBによる5点ゲイン&着地したらどうあがいても出てくる3/3トークンにより、アグロ潰しとしての性能が非常に高い。バーンとか相手に出された瞬間に爆アド損決定。

しかし、5マナという重さのせいで競技環境では緑単トロンのサイドなどに少数採用されるにとどまっている。

こいつが大暴れするのはむしろカジュアル対戦。一時的に追放して場に戻す、いわゆるブリンク能力と組み合わせるのが大人気。5ゲイン&3/3トークンがそのままもう1セット追加、相手にしてるほうはげっそり。実に詐欺臭い動き。なんで死亡誘発じゃないの?(2回目) moのjust for funではさまざまなカードと組み合わされ今日も悪用されまくり。

修復の天使、ちらつき鬼火など1回だけですむカードはまだ優しいほう。いやすでにつらいけど。

毎ターン繰り返しブリンクする欲張りシナジーを組み込んだデッキも多く、滞留者ヴェンセール・妖術師の衣装部屋・永遠の証人+霊の通り路、などなど……ギミックが動き出せば超ライフゲインしながら3/3トークンが大量生産される。なんで死亡誘(ry

また追放付きのリアニメイトとの組み合わせもよく見る。エレボスの鞭・降霊術などなど。なん死

おお……カード画像を見てるだけでつらくなる

いずれにせよ使っているほうは爆アドですごく楽しいのだが、相手にするとテキストの理不尽さを真顔になる。場に出された後に放っておくとギミックが動き出して大惨事なので急いで除去しないといけないが、ものすごく除去を撃ちたくない。

テキストの一部が変わるだけでカードパワーが大幅に変化することを教えてくれる1枚。

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント