クルフィックスの狩猟者 ~地味だけど堅いサポート役~

Courser of Kruphix / クルフィックスの狩猟者 (1)(緑)(緑)
クリーチャー エンチャント — ケンタウルス(Centaur)
あなたのライブラリーの一番上のカードを公開したままプレイする。
あなたのライブラリーの一番上のカードが土地カードであるなら、あなたはそれをプレイしてもよい。
土地が1つあなたのコントロール下で戦場に出るたび、あなたは1点のライフを得る。

2/4

採用デッキ:緑白土地カンパニー

地味、だけど場に残ると良い仕事をする。でも地味。

まずタフネス4が偉い。稲妻・神々の憤怒などの赤い除去で倒されにくいのはグッド。そして無駄な土地ドローを減らしてくれるのはかなり嬉しい。実質1ドローみたいなものだし。土地を出すたびに1ゲインできるのもフェッチ&ショックランドでライフが減りやすいモダン環境では有効。

スタンダードでは登場直後からパワーカードとして大活躍したが、モダンでは長らく出番が無かった。タフネス4は赤い除去に強いのだがモダン環境だとブロッカーとしてはいまいち。4/5のタルモゴイフ、5/5のグルマグのアンコウ・現実を砕くものなどが止められない。出したところで普通に殴り殺されまくり。

しかし、破滅の時で「ラムナプの採掘者」、イクサランで「廃墟の地」など相性のいいカードが追加。

その結果として緑白土地カンパニーという新しい就職先が誕生し、モダン環境での使用率が向上した。念願のメインから4枚採用。土地のプレイに注目したデッキではライフゲインの回数も多くバカにならない。うっかり2体以上並ぶとすごい回復量になったりも。フェッチ切ると3点! 廃墟の地で4点!

しかし地味。デッキを使っててもいまいち「ここで狩猟者を引きたいな~」と思うことは少ないし、対戦相手としても「狩猟者を出されたくないな」「げ、狩猟者がキャストされたぞ!」と感じるシーンはめったになし。

ネットで緑白土地カンパニーについてググって見ても、書かれているのはラムナプの採掘者とか不屈の追跡者の話ばかり……

でも、しばらく場に残ってると地味にアドとライフを稼ぎまくって勝率が上がる。マジ縁の下の力持ち。

ちなみにクリーチャーかつエンチャントという珍しいカードタイプだが、緑白土地カンパニーの中ではエンチャントで役立つシナジーはない。よって、この性質は相手のタルモが大きくなったり、クァーサルの群れ魔道士で割られたりと地味なデメリットとして機能する。

堅実に働いてくれるかと思えば予想外の敗因になったりする、なかなか味のある1枚。

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント