ニクスの神殿、ニクソス ~絶妙な使いにくさ~

Nykthos, Shrine to Nyx / ニクスの祭殿、ニクソス
伝説の土地
(T):(◇)を加える。
(2),(T):色を1つ選ぶ。あなたのその色への信心に等しい点数のその色のマナを加える。(あなたの色への信心は、あなたがコントロールするパーマネントのマナ・コストに含まれるその色のマナ・シンボルの数に等しい。)

採用デッキ:緑単信心など

信心を参照して大量のマナが出せる土地。起動に2マナ+タップが必要なので、4以上でないと加速にはならない。

それでも土地のスロットに仕込めるマナ加速にはロマンがある。野生語りのガラク・旅するサテュロスなどによって複数回アンタップできれば10マナ以上も普通に用意できたり。ニクソスを中心にすえた緑単信心というデッキもある。起源の波と噛み合った時の楽しさは異常。信心15とか行くし。

普通はデメリットにしかならない色拘束の濃さをメリットに変換できるわけで、その独特の性能からファンも多い印象。

……なのだが、実際にデッキを組んでみると絶妙に使いにくい。原因としては大きく2つあって

まず「伝説」であること。序盤に重ね引きした時が本当に辛い。

次に「信心のために色拘束の濃いカードを使いたいのに、ニクソス単体だと無色しか出ない」という点。たとえば初手に沼沼沼があれば、3ターン目に黒トリプルが出せる。しかし、これは沼沼ニクソスだと黒トリプルが出ないんだよなぁ! つらたん!

色の濃いカードをばんばん使いたいのにニクソスのせいで事故る。そして、ニクソスを前提にした構築だと引けないと重いカードが腐る。でも伝説なので4枚積みはしたくない……

矛盾を内包しているというか、ほんと絶妙に使いにくい。黒単デッキを組むとして

沼20 ニクソス4 より

沼24のほうが圧倒的に安定性が高い。つらたん。ファイレクシアの抹消者とニクソスを組み合わせて、グリセルブランドを素出しする黒単信心ビッグマナだぁ~! とか思い付くけどカジュアルでも全然回らんからね。事故る要因が多すぎる。

採用枚数を減らして土地サーチで持ってくる方向性もあるけど、そうなるとサーチ呪文にスロットが取られて信心用のパーマネントが減るし。これまた回らない。

伝説じゃなければ4枚積みしやすいんだけどなぁ。え? この性能で非伝説とかありえない? ですよね~。

……いやでも、ヴァラクートが非伝説なんだからさ。ニクソスが非伝説でもセーフなのでは。え? ヴァラクートがおかしいだけ? ですよね~。

ついでに、単体で見ても使いにくいのに環境的にトロン対策に巻き込まれまくるというさらなる大問題もある。おのれトロン! というか使い比べてみるとトロンの安定性ってすげえわ。

イラストもきれいだし夢があって楽しい性能なんだけど……カジュアルどまりのカードにはそれなりの理由がありますな。

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント