白単エルドラージストンピィがmo5-0! 虚空の杯4枚! (2018年12月25日)

個性的なデッキが勝っていたので紹介します。妨害している隙に殴り倒す!

デッキリストはhttps://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/competitive-modern-constructed-league-2018-12-25より

プレイヤー:SPIDERSPACE デッキ:白単エルドラージストンピィ?

クリーチャー(27)
4 変位エルドラージEldrazi Displacer
4 レオニンの裁き人/Leonin Arbiter
1 ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker
4 現実を砕くもの/Reality Smasher
4 猿人の指導霊/Simian Spirit Guide
4 スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben
2 異端聖戦士、サリア/Thalia, Heretic Cathar
4 難題の予見者/Thought-Knot Seer

インスタント(3)
3 四肢切断/Dismember

アーティファクト(6)
4 虚空の杯/Chalice of the Void
2 密輸人の回転翼機/Smuggler’s Copter

土地(24)
1 魂の洞窟/Cavern of Souls
4 エルドラージの寺院/Eldrazi Temple
3 宝石の洞窟/Gemstone Caverns
4 幽霊街/Ghost Quarter
4 地平線の梢/Horizon Canopy
5 平地/Plains
2 シェフェトの砂丘/Shefet Dunes
1 荒地/Wastes
60 Cards

サイドボード(15)
1 大天使アヴァシン/Archangel Avacyn
1 排斥/Cast Out
2 石の宣告/Declaration in Stone
2 ウルザの後継、カーン/Karn, Scion of Urza
2 安らかな眠り/Rest in Peace
1 魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass
2 石のような静寂/Stony Silence
2 トカートリの儀仗兵/Tocatli Honor Guard
2 崇拝/Worship

まず目を引くのが虚空の杯

上手く設置できればそれだけで勝てる場合もある強力妨害カード。これに合わせて一般的な白系ヘイトベアーで使われる流刑への道・スレイベンの検査官・霊気の薬瓶などの1マナ域は不採用になっています。除去は3マナである四肢切断に。デッキ構造を変えるだけの価値があるという判断でしょう。

そして猿人の指導霊宝石の洞窟というマナ加速。できれば1ターン目に虚空の杯X=1を狙っていく作戦。

もちろんこれは1ターン目にレオニンの裁き人・スレイベンの守護者、サリアを着地させる役にも立つちます。相手によっては即ggもあるでしょう。

さらにマナ加速を考慮してか現実を砕くものを4枚採用、これも少し珍しい印象。見た目は5マナと重すぎるもののエルドラージの寺院も絡めば3ターン目にキャストできたり。

非常に性能の高いクリーチャーで、妨害している間に相手を素早く撲殺できます。

安定性を犠牲にヘイトベアー系デッキの妨害力と攻撃力をさらに高めた形でしょうか。実質1ターンキルを狙う、もはやコンボデッキにも近い雰囲気。

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント