赤単ホロウワンがmo5-0! (2018年10月2日)

意外な構築が勝っていたので紹介します。赤単だからこその選択肢!

デッキリストはhttps://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/competitive-modern-constructed-league-2018-10-02より

プレイヤー:MORBID28 デッキ:赤単ホロウワン

プレインズウォーカー(5)
2 反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance
3 火の血脈、サルカン/Sarkhan, Fireblood

クリーチャー(23)
2 血怒りの喧嘩屋/Bloodrage Brawler
4 炎跡のフェニックス/Flamewake Phoenix
2 栄光をもたらすもの/Glorybringer
1 熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Fervent
4 虚ろな者/Hollow One
4 猿人の指導霊/Simian Spirit Guide
1 ゴブリンの太守スクイー/Squee, Goblin Nabob
1 嵐の息吹のドラゴン/Stormbreath Dragon
4 通りの悪霊/Street Wraith

ソーサリー(4)
4 信仰無き物あさり

インスタント(5)
1 癇しゃく/Fiery Temper
4 稲妻/Lightning Bolt

エンチャント(3)
3 血染めの月/Blood Moon

土地(20)
3 宝石の洞窟/Gemstone Caverns
17 山/Mountain
60 Cards

サイドボード(14)
2 神々の憤怒/Anger of the Gods
1 沸騰/Boil
2 減衰球/Damping Sphere
2 ゴブリンの鎖回し/Goblin Chainwhirler
1 稲妻の斧/Lightning Axe
2 精神壊しの罠/Mindbreak Trap
1 大祖始の遺産/Relic of Progenitus
2 破壊放題/Shattering Spree
1 頭蓋割り/Skullcrack

通常のホロウワンに入っている黒要素は、メインだと恐血鬼・グルマグのアンコウ・集団的蛮行など。しかし、改めて考えてみると「手札を大量ルーティングして虚ろな者を高速キャスト」というデッキの基本コンセプト自体は赤だけで成立するんですよね。というわけで、黒を大胆にオミット!

そして、赤単だからこそ使えるのが血染めの月。また血染めの月は2枚以上重ね引きしたくないカードの代表格なのですが、このデッキはルーティングが多いので無問題! 安心して使えますね……かなり噛み合った構築なのでは。

さらに宝石の洞窟も単色になったから採用できたカードでしょう。デッキの初速が上がっています。初期手札によっては猿人の指導霊と合わせて1ターン目に血染めの月も可能。

ルーティング用のカードも変更されていて、ゴブリンの知識&燃え立つ調査が入っていません。その代わりは火の血脈、サルカン。爆発力が減った代わりに安定性がアップ。

従来の赤黒タイプとはかなり使用感が違いそう。独創的ながら完成度の高そうなリストです。

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント