ヨツンの兵卒! 変則エルドラージ&タックスがmo5-0! (2019年4月6日)

珍しいカードが採用されていたので紹介します。意外な墓地対策!

デッキリストはhttps://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/competitive-modern-constructed-league-2019-04-05より

プレイヤー:JAYSIM デッキ:白単エルドラージ&タックス

クリーチャー(31)
4 刃の接合者/Blade Splicer
4 変位エルドラージ/Eldrazi Displacer
2 ちらつき鬼火/Flickerwisp
3 ヨツンの兵卒/Jotun Grunt
3 レオニンの裁き人/Leonin Arbiter
3 修復の天使/Restoration Angel
4 スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben
4 難題の予見者/Thought-Knot Seer
4 前兆の壁/Wall of Omens

ソーサリー(1)
1 石の宣告/Declaration in Stone

インスタント(4)
4 流刑への道/Path to Exile

土地(24)
4 エルドラージの寺院/Eldrazi Temple
4 幽霊街/Ghost Quarter
1 地平線の梢/Horizon Canopy
3 変わり谷/Mutavault
9 平地/Plains
1 ひなびた小村/Rustic Clachan
2 シェフェトの砂丘/Shefet Dunes
60 Cards

サイドボード(15)
2 石の宣告/Declaration in Stone
2 エイヴンの裂け目追い/Aven Riftwatcher
2 激変の機械巨人/Cataclysmic Gearhulk
1 忘却の輪/Oblivion Ring
3 安らかなる眠り/Rest in Peace
2 存在の破棄/Revoke Existence
1 魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass
2 石のような静寂/Stony Silence

ヨツンの兵卒は特殊な能力を持つクリーチャー。

累加アップキープのコストとして、墓地にあるカードを2枚・4枚・6枚……とライブラリーの下に戻していけます。ドレッジなどが相手なら墓地を空にして大きく減速させられるはず。アップキープごとの誘発なので墓地対策としてはやや遅いのと、墓地が空になり戻すカードが無くなると生け贄になってしまうのは注意点

また2マナ4/4のサイズも優秀。稲妻で死なないので赤系アグロに対する強い壁になりそう。全体的に2019年4月現在のモダン環境に噛み合った性能のクリーチャーと言えます。

他の部分だと前兆の壁4枚はちょっと珍しい気が。

コンボ・コントロール相手だと単なる2マナ1ドローだけど、アグロ相手ならすばらしいブロッカーに。環境を読んだ採用でしょう。

サイドにあるエイヴンの裂け目追いも見慣れないカードでは。

着地すれば確実に4点ゲイン。場を離れたとき、なので追放除去でも問題なし。シングルシンボルで唱えやすいのも採用理由でしょう、エルドラージ&タックスはけっこう白マナ土地が少ないデッキ。

モダンのカードプールは広大で探してみればヨツンの兵卒みたいな環境に刺さる意外なカードが眠っていたりすると。こういうカードを見つけ出せる人は尊敬しちゃいますね……

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント