変則ドルイドコンボがmo5-0! 時を解す者テフェリー! (2019年6月4日)

ちょっと意外な構成だったので紹介します。コンボの守護神!

デッキリストはhttps://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/competitive-modern-constructed-league-2019-06-04より

プレイヤー:SOL0MONGRUNDY デッキ:ドルイドコンボ

プレインズウォーカー(8)
4 大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator
4 時を解す者、テフェリー/Teferi, Time Raveler

クリーチャー(16)
4 東屋のエルフ/Arbor Elf
4 献身のドルイド/Devoted Druid
3 永遠の証人/Eternal Witness
4 療治の侍臣/Vizier of Remedies
1 歩行バリスタ/Walking Ballista

ソーサリー(6)
4 破滅の終焉/Finale of Devastation
2 死後の一突き/Postmortem Lunge

エンチャント(8)
4 ニッサの誓い/Oath of Nissa
4 楽園の拡散/Utopia Sprawl

土地(22)
2 繁殖池/Breeding Pool
1 ドライアドの東屋/Dryad Arbor
4 森/Forest
1 山賊の頭の間/Hall of the Bandit Lord
2 地平線の梢/Horizon Canopy
1 霧深い雨林/Misty Rainforest
2 寺院の庭/Temple Garden
2 新緑の地下墓地/Verdant Catacombs
4 吹きさらしの荒野/Windswept Heath
3 樹木茂る山麓/Wooded Foothills
60 Cards

サイドボード(15)
1 歩行バリスタ/Walking Ballista
3 減衰球/Damping Sphere
1 仕組まれた爆薬/Engineered Explosives
1 マイコシンスの格子/Mycosynth Lattice
2 否認/Negate
2 流刑への道/Path to Exile
1 真髄の針/Pithing Needle
3 安らかな眠り/Rest in Peace
1 トーモッドの墓所/Tormod’s Crypt

いわゆるドルイドコンボに『灯争大戦』から3種12枚ものカードが採用されています。

まず、破滅の終焉

クリーチャーサーチかつ、無限マナから撃てばフィニッシャーにもなる便利スペル。

次に大いなる創造者、カーン

無限マナが出る状況なら歩行バリスタを持ってきて勝利
マナクリが多く6マナのマイコシンスの格子によるロックも狙いやすい
マナ加速から高速設置できればファクト系デッキ対策に

複数の役割を持つことができ、最近ではドルイドコンボへの採用率が上がっています。最速の先手2ターン目に設置できれば封殺勝ちできるゲームもありそう。

そして時を解す者、テフェリー

打ち消し&インスタント除去を封じて安全にコンボを開始可能。これも先手2ターン目に置ければ青白コントロールなどは困るはず。

従来型と比べてクリーチャーによるビートプランが細くなっている一方、マナ加速から多彩な動きができる構造。『灯争大戦』はモダンにかなり大きな影響を与えている印象です。

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント