アスフォデルの灰色商人 ~真価を発揮するのは魔王戦?~

Gray Merchant of Asphodel / アスフォデルの灰色商人 (3)(黒)(黒)
クリーチャー — ゾンビ(Zombie)
アスフォデルの灰色商人が戦場に出たとき、各対戦相手はそれぞれX点のライフを失う。Xは、あなたの黒への信心に等しい。あなたはこれにより失われたライフに等しい点数のライフを得る。(あなたの黒への信心は、あなたがコントロールするパーマネントのマナ・コストに含まれる(黒)の数に等しい。)

2/4

採用デッキ:黒単信心

イラストも割と味がある。テーロスならではの黄金仮面が印象的だし、背景が明るい麦畑なのも不思議な雰囲気。黒いカードなら背景も夜・闇・墓地などが多いのだが、こいつは青空の下。

性能としては場に出た時ドレインが誘発するゾンビ。単体でも2点、まぁ5点ぐらいは現実的に期待できるライン。ラブニカへの回帰~テーロス期のスタンダードでは大暴れし「神話コモン」とまで呼ばれた。

独特の性能からモダンでも一定のファンがいる印象。しかし、かなり使いにくくカジュアルな黒単信心でしか使われていない。主な理由としては

・モダンで5マナは重すぎる。

・除去が強い環境であり黒いパーマネントが並ばない

・モダンの黒は除去&ハンデスの色であり、どちらかと言えばスペルが強いカラー

・2/4のパワータフネスも貧弱

などがあると思われる。

特に5マナの重さが辛い……黒単信心とかに入れても場に出せなくて腐ることが多すぎる。モダンだと黒シンボルが濃いカードが多いので、出せれば8点ぐらいは狙える。ドヤ顔。しかし出せない。つらたん。マナ加速をすればいいのだが、黒単色で使える加速手段はアーティファクトぐらいであり信心が稼げないジレンマ。

部族を活かしてゾンビに入れてみるのも楽しいのだが……やっぱり出せない。

しかし、こいつのテキストには隠れた能力があるのだ!

各対戦相手はそれぞれX点のライフを失う。

そう! 「各対戦相手」なのである! つまり、真価を発揮するのは多人数戦。

雰囲気的には1対3で行う魔王戦が似合うだろう。魔王が黒単信心デッキを使う! かっこいい! 計略による加速で一気に吸い尽くせ! 15点×3で45点ドレインとかも夢じゃない! ふはははは、一撃で壊滅させてやろう!

……なんだかんだで使い道を探してみたくなる独特な性能のカード。

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント