孤独な宣教師4枚! 白単ミッドレンジがmo5-0! (2019年1月25日)

個性的なデッキが勝っていたので紹介します。ブリンクでアドを稼ぐ!

デッキリストはhttps://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/competitive-modern-constructed-league-2019-01-25より

プレイヤー:HUGIBBET011 デッキ:白単ミッドレンジ?

クリーチャー(33)
3 刃の接合者/Blade Splicer
4 ちらつき鬼火/Flickerwisp
4 孤独な宣教師/Lone Missionary
4 民兵のラッパ手/Militia Bugler
4 修復の天使/Restoration Angel
3 太陽のタイタン/Sun Titan
3 スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben
4 スレイベンの検査官/Thraben Inspector
4 前兆の壁/Wall of Omens

インスタント(4)
4 流刑への道/Path to Exile

土地(23)
3 空の遺跡、エメリア/Emeria, the Sky Ruin
4 廃墟の地/Field of Ruin
2 幽霊街/Ghost Quarter
14 平地/Plains
60 Cards

サイドボード(15)
2 放逐する僧侶/Banisher Priest
2 払拭の光/Banishing Light
3 減衰球/Damping Sphere
2 偽りの希望の神/Kami of False Hope
2 コーの火歩き/Kor Firewalker
1 真髄の針/Pithing Needle
2 悔恨する僧侶/Remorseful Cleric
1 豊潤の声、シャライ/Shalai, Voice of Plenty

リスト的にはヘイトベアーとエメリアコントロールの融合みたいな雰囲気、しかし意外と見たことが無い方向性。ヘイトベアーとしてはレオニンの裁き人が入っておらず、エメリアコントロールの基本装備である全体除去もなし

デッキの中心となるのは修復の天使ちらつき鬼火でしょう。EtB持ちが多く採用されていてブリンクでアドを稼ぐ戦略。

スレイベンの検査官・前兆の壁・民兵のラッパ手と白単色ながらカードアドを稼げるクリーチャーが多く、さらにブリンクで使いまわせば息切れせずに戦えます。

そして孤独な宣教師がモダンで使われるのは珍しい印象。

2マナにして4ライフゲインは大きな効果、そして2/1のボディはブロッカーとして相打ちがとれるサイズ。バーン相手には強烈に刺さりそうです

また太陽のタイタンも3枚と多め。確かに、一度場に出るとEtB持ちを墓地から戻すことで大量のアドを獲得可能。

特にちらつき鬼火との組み合わせ

太陽のタイタンでちらつき鬼火を戻す→ちらつき鬼火でタイタンをブリンク→エンドにタイタンが戻ってきてリアニメイトが再び誘発

という流れで、いきなり2体のクリーチャーをリアニできます。相当に不利な盤面だったとしても五分五分に持ち込めるはず。

クリーチャーを並べつつひたすらにライフとアドを稼ぐ。単純ながら安定感のあるリストです。

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント