エムラクール変身デッキがmo5-0! (2018年10月23日)

ローグデッキが勝っていたので紹介します。トークンから巨大クリーチャーに!

デッキリストはhttps://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/competitive-modern-constructed-league-2018-10-23より

プレイヤー:ASTEELMAN123 デッキ:エムラクール変身

プレインズウォーカー(7)
1 情け知らずのガラク/Garruk Relentless
1 野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker
1 生命の力、ニッサ/Nissa, Vital Force
4 ゼンディカーの代弁者、ニッサ/Nissa, Voice of Zendikar

クリーチャー(2)
2 引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn

ソーサリー(17)
4 探検/Explore
4 変身/Polymorph
4 苗木の移牧/Saproling Migration
4 明日への探索/Search for Tomorrow
1 芽吹く更生/Sprouting Renewal

インスタント(1)
1 サイクロンの裂け目/Cyclonic Rift

アーティファクト(3)
3 変幻の杖/Proteus Staff

エンチャント(4)
4 楽園の拡散/Utopia Sprawl

土地(26)
2 ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus
3 繁殖池/Breeding Pool
6 森/Forest
1 島/Island
4 カルニの庭/Khalni Garden
4 霧深い雨林/Misty Rainforest
4 変わり谷/Mutavault
2 樹上の村/Treetop Village
60 Cards

サイドボード(15)
1 芽吹く更生/Sprouting Renewal
2 虚空の杯/Chalice of the Void
1 忍び寄る腐食/Creeping Corrosion
2 四肢切断/Dismember
1 古鱗のワーム/Elderscale Wurm
1 女王スズメバチ/Hornet Queen
2 否認/Negate
2 大祖始の遺産/Relic of Progenitus
1 テラストドン/Terastodon
1 スラーグ牙/Thragtusk
1 精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon

ギミックの中心は2種類のカード。

どちらも1体のクリーチャーを別のクリーチャーに変身させる効果を持っています。ライブラリーの1番上にあるクリーチャーに変化させるので普通のビートダウンで使うと変化先はランダム。しかし「デッキ中のクリーチャーカードを1種類だけにしておけば確定で変身できる!」というのが本デッキの発想ですね。2種類で計7枚入っているので動き自体は安定しそう。

フィニッシャーとして持ってくるのは引き裂かれし永劫、エムラクール。最強のクリーチャーとして名高いカードで上手く変身させられれば速やかにゲームを決めてくれるでしょう。

唱えていはないので追加ターンは誘発しませんが、除去されにくく1度でもアタックできれば滅殺6で相手の場は崩壊。反撃を封じつつ圧殺できます。

そして、エムラクール以外のクリーチャーを入れないなら変身の種となるクリーチャーはどうやって用意するのか? という話になりますが心配ご無用。

ゼンディカーの代弁者、ニッサなどのトークンを出せるPW
トークンを生成するソーサリー苗木の移牧
クリーチャーになれるミシュラランド各種

このように、クリーチャーカードを使わなくてもクリーチャーは安定して用意できる構成になっています。

無害なトークンがエムラクールに!? という動きは派手で面白いし、個性的なコンボデッキでしょう。

*ちなみにプレイヤーであるAsteelman123氏は、2018年5月3日のリーグでも変身デッキで5-0しています。このデッキを長く使用しているようでこだわりを感じますね……!

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント