黒単スライソードステーション ~モダンのカジュアル紹介~

カジュアル勢である私「イマ猫」が使っているデッキを紹介する不定期シリーズ。3回目は「黒単スライソードステーション

アーティファクト(28)
4 トーモッドの墓所/Tormod’s Crypt
4 溶接の壺/Welding Jar
4 霊気装置の設計図/Servo Schematic
4 胆液の水源/Ichor Wellspring
4 マイコシンスの水源/Mycosynth Wellspring

4 研磨基地/Grinding Station
4 弱者の剣/Sword of the Meek

クリーチャー(12)
4 枉惑な調達者/Sly Requisitioner
4 回収するタイタン/Salvage Titan
4 艱苦の伝令/Herald of Anguish

土地(20)
4 ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel
3 発明博覧会/Inventors’ Fair
13 沼/swap

 

サイド
4 橋上の戦い/Battle at the Bridge
4 減衰球/Damping Sphere
4 漸増爆弾/Ratchet Bomb
3 虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb

即死コンボ内蔵の黒単色アーティファトデッキ。

研磨基地・弱者の剣・枉惑な調達者の3種類がそろうと

①研磨基地で弱者の剣を生け贄、相手のライブラリーを3枚削る
②枉惑な調達者が誘発して1/1トークンが場に出る、研磨基地がアンタップ
③墓地にある弱者の剣が誘発して場に戻る、以下くり返し

つまり無限トークン&相手への無限ライブラリー削りで即死コンボ。

このコンボ自体は私のアイディアではなく、欠点を解消!? 新型ソプターコンボがmo5-0! (2018年8月10日)、のデッキから拝借。そこから飛行機械の鋳造所を抜いて黒単色で仕上げた形。

一応、理論値では最短2ターンキルだけど……まぁ無理。現実的には上手く回って4ターン目にコンボ開始。枉惑な調達者は見た目5マナだけど即席によりアーティファクトも支払いに使えるので3ターン目には普通にキャスト可能。

MOだとクリック回数が非常に多くて面倒なのが大いなる欠点。

弱者の剣は墓地から場に出せるので、先に研磨基地を置けた場合は自分のライブラリーを削っていくのがポイント。

そして、もう1つの勝ち筋が回収するタイタンによるビート戦略。アーティファクト3つ生け贄でマナコストを踏み倒せるので2ターン目に出せることも珍しくない。

タフネス4なので死にやすく微妙に頼りにならないけど……墓地から回収できれば繰り返しキャストできるのでがんばってゴリ押しする。枉惑な調達者が入れば回収するタイタンでアーティファクトを生け贄にしても代わりにトークンが出るでのアド損せずにむしろクロック加速。決まれば爽快。

艱苦の伝令は出れば強いんだけど……キャストしにくすぎる。即席こみでも7マナでも重い。他に良いカード無いか探し中。一応、出れば相手の手札を削りまくりで相手の小型クリーチャーも潰しまくり。

残りのアーティファクトはコスト要因。霊気装置の設計図・胆液の水源・マイコシンスの水源は生け贄にしてもアド損しない。

発明博覧会は土地なのにライフゲインとサーチを兼ねる強力カード。ほんと強い。

サイドは、橋上の戦いは除去とライフゲインを兼ねるアグロ対策、減衰球はトロンとストーム対策……なのだが自分も軽量でスペルを複数回キャストしたいデッキなので微妙、漸増爆弾が低マナ域デッキに対する除去、虚無の呪文爆弾は追加の墓地対策。

サイドの注意点としては石のような静寂をサイドインしてきそうな白いデッキに対しては、クリーチャー3種12枚を抜いてはいけない。こいつらは石のような静寂で止まらないので勝ち筋として重要になる。即席は石のような静寂とは無関係。

墓地対策がきつい相手には研磨基地を抜くのが良い感触。クリーチャーによるビートで頑張る。

このデッキを5段階で評価すると

安さ 5
強さ 2
楽しさ4
拡張性5

moだとめちゃめちゃ安く、驚異の約6チケ(750円ほど)。ただし紙だと5000円は超えそう……?

強さとしては非常に微妙。moの基準で行くと

just for funなら10試合やって4:6ぐらいで勝ち越し安定
Tounament Practiceなら逆に9:1ぐらいで負け越し安定

コンボとしての性能は悪くないのだが、アーティファクト対策と墓地対策が両方とも刺さりまくるのでサイドからはボロ負けしやすい。

今のリストは貧乏版だけど、改造する余地は非常に大きいと思っている。まず欲しいのが仕組まれた爆薬オパールのモックス。両方とも0マナでキャストできて序盤の即席要員としても優秀。仕組まれた爆薬は低マナ域への強烈な除去、このデッキであればメインから4枚採用できる。そしてオパールのモックスがあれば研磨基地&弱者の剣を1ターン速くキャスト可能。3ターンキル率が上がりそう。

ただしこの2種8枚を入れるだけでデッキの値段が50倍ぐらいになるんだよなぁ……

また強さ的には黒単ではなく多色にした方が良い。5色出せる産業の塔を入れて、オパールのモックスもあれば色マナ8枚体制で安定。艱苦の伝令を2枚抜いて練達飛行機械職人、サイを入れるのが良さそうな気がしている。

あとは墓地からアーティファクトを回収できるアカデミーの廃墟も入れるべきだとは思う。

フル強化すると

安さ 1
強さ 4

ぐらいになりそう。

というわけで「黒単スライソードステーション」の紹介でした。デッキのアイディア自体には大きな可能性を感じている。予算が確保できればフル強化して使い込んでみたい。今の黒単貧乏版でもmoだと超安いので暇つぶしサブデッキとしてはおすすめ。

モダンの自作カジュアルデッキ集 ~安価レシピ多め~
強い 高いけど、そこそこ強い MOのトーナメントプラクティスでも戦えるレベル。 安めで、そこそこ強い MOのトーナメントプラクティスでも戦えるレベル。 緑単エルフ 白単ライフゲイン 弱いのに安くない 弱いけど...

みんなの感想

管理人「イマ猫」のtwitterアカウント